スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
冬から春を越えて夏に
今日で5ヶ月になります。

8月のこの時期、原子爆弾がヒロシマ、ナガサキに投下された日が続き、
お盆に終戦記念日がやってきます。
震災が有ったのは3月ですが、毎月11日は何故か『震災の日』のような気がして、
多分これから先、8月のこの頃、東北に起きた巨大な悲しい震災を思い出すような気がします。




あの日はですね、あの時一番命の危機に有ったのは、石巻の保育園で給食のおばちゃんをしている、
義妹でした。
義妹のMちゃん(以下Mちゃんでいきます)は、石巻の街の中に有る、
比較的港に近い場所に有る保育園が仕事場でした。
石巻は北上川の河口に広がる街で、人々は平野部と三陸海岸の始まりに当たる山間などに暮らしています。
保育園は全くの平坦な処に有りました。

午後3時前。
保育園では遅いお昼ねタイムで、園児たちは薄着で暖かい部屋の中で寝ていました。
まだ保護者は誰も迎えに来ていませんでしたから、全員揃っていました。
そこにあの大きな揺れ、そして津波による非難警報です。
保母さん、事務員さん、給食のおばちゃん、総出で園児に服を着せ、靴を履かせ、帽子を被せ、
身支度をさせました。
そして自分達もありったけの洋服を重ね着して、逃げる準備をしました。
この間40分余り。
しかし体感した時間は10分くらいにしか感じられなかったそうです。
手が震え、なかなか思うように出来なかったと、Mちゃんは言っていました。
外は雪が降っていました。

でも、この人数の幼い子供達を連れて、一体何処へ?
保育園は地べたに這い蹲るような建物です。建物内には留まれません。
そんな時園長先生がとっさに指示を出しました。

「向かいの東北電力の建物へ逃げましょう!」

子カモを連れて歩く親カモのように皆で東北電力の建物へ。
3階まで皆を押し上げるように昇らせて、まだ余裕が有るならもっと衣類を寝具をと戻りかけて、
1階のところまで階段を降りた時、瓦礫を巻き込みながらジワジワと水が上がって来たそうです。
もうダメだ、戻れないと諦め、電気の落ちた寒々とした建物の中で、
皆寄り添い夕闇を迎えたそうです。
当然保護者とは連絡は取れず、迎えに来る者もおらず、どんどん暗くなっていく中、
彼女たちは励まし合いながら、時間を過ごしていきました。

夜になって、何を思ったか、いきなりMちゃんの旦那Hが、真っ暗な中胸まで水に浸かりながら、
Mちゃんを探しにやって来ました。
Hの身長は170㎝強。水かさは150㎝を超えていました。
所々は泳いだそうです。
人は、こういう時、思いも寄らぬ行動をするものなのですね。
家族が止めるのも聞かずに、家を出たそうです。
でも、一人では危険です。余震も来ていましたし、また何時余震による津波が有るやしれません。
しょうがないので、春から消防に配属されるはずだった甥っ子K君も一緒に出かけました。

本当は二人でだってダメなんです。こういう時はどんなに心配であっても、
夜間、明かりの全く無い水浸しの街には出掛けてはいけないのです。
これは自殺行為なんです。二次災害に繋がるのです。
もしMちゃんがダメで、それを知らず出掛けて行った先で二人に何か有ったら、
3人も家族が亡くなってしまうのです。
後には祖父母と東京の学校に来ている姪っ子のCちゃんだけに、なってしまうのです。
残された3人は、あの時もっと強く引き留めればよかった、東京に出て来ていなければよかったと、
後々ずっと後悔の念を残すでしょう。


しかし幸いな事に、HもK君も東北電力に避難していたMちゃんと会うことが出来ました。
神様、ありがとうございます。
そしてそれからの一週間、被災地は外部との連絡が絶たれた状態で過ごすことになります。
電気、ガス、水道、もちろんトイレも使えません。
街の要の市役所は末端まで合わせての全職員のうち三分の一を喪っていました。
しかし仕事は待ってはくれません。
悲しんでいることも、地震や津波のトラウマも許してくれません。
狩り出されたMちゃんは家族と離れて、避難所に詰めることになりました。
一週間のうち平日泊り込んで、週末家に帰るという生活が始まりました。

避難所は当時大小合わせて石巻には200余りも有りました。
それぞれの地域のコミュニティで運営出来ているところも有れば、
何百人も同居する大所帯もありました。
Mちゃんたちはその巨大な避難所に、主に派遣されたそうです。
しかし職員の人数は足りていませんから、僅かに数人、しかも女性もいます、そして初対面です。
クライシスを想定して訓練もされていません。
何百人もいる学校で、順番に食事の手配をする、トイレの管理、搬入される物資の振り分け、
諸事の伝達、避難民の要望等々、
体力的にも精神的にもどんどん消耗していったそうです。
(仕事仲間は肩を壊し途中で戦線離脱してしまいました)
何より、石巻という街が全く機能していないので、
避難民の衣食住は不満だらけ、不備だらけで、往生することが多々有ったそうです。
そんな中、お世話をしている彼らに不満をぶつけて来る人も多く、
皆精神的にも参ってしまったそうです。
特に家が残っていた、家族が無事、そんな事を持ち出されるのが辛かったと。

一週間して、ようやく携帯からMちゃんが連絡してきました。
皆無事、家も大丈夫、奇跡的に保育園に乗って行っていた車も無事(!)
今はとりあえず米と畑の作物で食いつないでいるから、というものでした。
Mちゃんの嫁ぎ先は、街から離れた処にあって、難を逃れましたが、
家の目の前の道を挟んで有る田んぼには、北上川の支流を遡って瓦礫が流れ付いていました。
ホント、ここもあと少しで被災するところでした。
二週間して、東北道が一般車にも開放され、相方が物資を姪っ子のCちゃんを乗せて、
石巻に向かったのですが、最初に登米の実家に寄って海に向かったところ、
あちらこちらで道が寸断され、通行止めになっていました。
困った事に田舎って一本道が多いんですよね。
ダーッと車を走らせて何㎞も行ってはじめてバリケードとか、
警官が立っていて一般車はダメだよ~んとかに引っ掛かって、
しかも全国から応援に来ている警官だから、迂回路わっかりませ~ん状態で、相方ブチ切れ気味。
幸いCちゃんがまだ車は運転できなくても、途中からなら道分かるということでナビしてくれて、
たどり着くことが出来ました。


その時持って行ったもの、
食料品(レトルト等簡易食、調味料、ジャム、油、ペットボトルの水お茶野菜ジュース、)
    混ぜごはんの素、酢飯の素、お菓子、ガム、飴)
日用雑貨品(洗濯洗剤関係、ファブリーズ、除菌ナプキン、タオル、ティッシュペーパー、
      トイレットペーパー、リンスインシャンプー、ハンドクリーム、リップクリーム
      ビニール袋大中小、サランラップ、マスク、作業用ビニール手袋、軍手、)
衣類
あと、忘れた(笑)


その後もう一度行った時は食料品類と、生鮮食料品を生で、そして冷凍にして届けました。

(内陸に有る相方の実家と義兄の家も何とか無事でしたし、
流通も比較的早く復活したのですが、相当揺らされた為、
食器類が全て食器棚から投げ出され、割れてしまいました。
とりあえず、実家には日常使うであろう食器を送ったのですが、
やはりそれでは絶対的に足りず、我が家や母貞子の家で眠っていたモノと、
あと益子の陶器市に寄って品を見繕って行きました。)


石巻の街は震災後まず一週間、全く動きが無かったという状態でした。
確かに首都圏でも石巻のニュースは一切流れず、もっぱら三陸の津波の話題ばかりでした。
石巻は孤立していたんです。
情報が入っても出てもいなかったんです。
街は地盤沈下の為に引かない水で寸断され、潮の流れで瓦礫や被災した車が溜まるところが出来、
ご遺体がむき出しの状態で有ったそうです。
そんな中を街の人たちは毎日暮らしていました。
いわゆる風評的な怖い話も沢山出て来て、本当なのか、デマなのか、判断が付かない状態でした。
しかし、確かに治安は悪くなっており、明かりの無い街での夜間の外出や、
一人歩きは控えたそうです。

そして何より上下水道が全く機能していないので、トイレ等衛生面においてかなり困ったそうです。
前出の通り、何百人もの大所帯の避難所で、限られたトイレの数、そして下水に流せない状態で、
校庭の端に穴を掘って埋めるしかない現状。
流石に正義の味方の自衛隊さん達でも、お風呂の管理は出来てもトイレまではムリでした。
その後トイレの問題が解決するのは、彼女が通常の保育園業務に戻ったずっと後です。

石巻の街は震災を挟んで、すっかり様変わりしてしまいました。
それは街の景観だけではなく、人々の関係もです。
石巻にも当然貧富の差は有るわけで、特にそれは先祖代々受け継がれてきた土地、
歴史が左右しています。
今までお金持ちとされてきた人たちが街の中心に住んでいたのですが、
そこが津波でみんなやられてしまっただけでなく、地震により地盤沈下してしまい、
今後住む事が難しくなってしまいました。
また、家が残った人、家族が残った人、車が(財産)残った人が出て来て、
どうしても人の心に羨望が湧き上がってきてしまいます。
そうなると何となく、職場などでもグループが出来てしまうそうです。



震災復興。

あの日から5ヶ月になりますが、復興どころか未だインフラが復旧していないところが、
沢山有るのが石巻の今です。これは、他の被災地もおなじです。


震災復興。

物理的なモノが進んでも、人々の心の復興は遅れて来る場合も有るでしょう。


震災復興。

今、新たに福島第一原子力発電所からの放射能汚染が、宮城の海、野、山を脅かしています。
せっかく僅かに進んだ復興も、滞ってしまうかもしれません。


震災復興。

多分、ふと振り返った時、あぁやっと・・・、と思えた時が復興した時なのではないかと思います。
その時まで、休まず走り続けていかれるのか。
こぼれる人はきっといる。そんな人の手もしっかり握って、みんなで進んでいって欲しいものです。

[2011/08/11 03:29 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
これからの地震への対応
東北が全く落ち着いていないのに、
関東でも大揺れの恐れが来てしまって、
また、皆浮き足立っちゃう感じですか~。

母貞子もね、揺れる度に
「地震だ地震だ!」
と騒ぐので、
「一年は揺れるから、揺れて当たり前だから。」
と平静を装って、慌てさせないようにしてきたんだけど、
駿河湾が震源となると、明日からの慰め方、考えないと(^^;)

私としては、3.11より揺れると思うと、反吐が出るんだけど。
というのも、長い揺れの間に、気持ち悪くなってしまい、
恐怖心というより、カンベンして欲しい気持ちが上回って、
へとへとになっちゃったわけで。
あの時も一人でいたので、最初は確かに怖かったけど、
家具が倒れたり、モノが落ちて壊れたりした事への、
後片付けを想像して、もう揺れ収まって~って感じで、
妙な開き直りが有ったので、多分次もある程度までなら、
恐怖心乗り切れると思う。

それよりも、地震が来たとして、その後の生活全てが停止してしまうことが、
恐怖。
今の地震及び津波被災地、そして原発被災地を見て、
人生どどんぱ、FUJIYAMA状態な人たち見て、
その方が怖いから。
一瞬の事以降の地獄図を思い描くと、そっちの方がよっぽど恐怖だから。

と言うことで、さっそく猫sの療養カリカリを発注した次第です。
人のものはどうにかなっても、猫のものはね。
あ・・・、明後日おみそ、摘出しちゃったマイクロチップ入れに行こう。

買い溜めはよくないけど、最低限揃えるのは必要不可欠な行為。
慌てず、速やかに動いてください。
[2011/08/02 01:43 ] | とろ仲日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
生きて、ます。とりあえず。
日々の流れが早すぎて、
ついつい手抜かりが多い今日この頃。
ゆっくりPCの前に座ることも、深夜が多く。
最近変えてキーボードがめっさ調子悪くて、さ。
打ってるのに反映されないという、最悪なヤツで、さ~。
今日、昼間、やっと、会社のPCから、更新です。

とりあえず、生きてます、みんな。
地震が来ようが、暑かろうが、雨が降ろうが、眠かろうが、
我が家の猫sはマイペースです。
人間もほどほどです。
郷里の宮城は、あのまんまです(笑)
多分、いや十中八九今年の米は見込めないでしょう。
せめて豊作でその米全部、東電に買い取ってもらいましょうよ、こうなったら。
って感じ~ィ。
自然災害だけで終わっててくれたらなあ~、せめて。
そしたらもっと、百姓は明日への希望が持てたんだ。

[2011/07/30 15:36 ] | とろ仲日記 | コメント(5) | トラックバック(0)
また節目の日
今日は震災から三ヶ月目の日。午後2時46分には黙祷が捧げられてましたね。

GWに義妹と会って、色々話を聞いて、
いつか文章にしておいきたいなと思って1ヵ月。
でも、なかなか指が動きませんでした。
そうだ、また、節目の日が来たら書こう、と思ったけど、
やっぱり、指は重いままです。
勢いで書くものでもないし、やはり出来れば丁寧に記したいし、
今日もなんか、書けそうもないです。

今も石巻は時間が止まったまま。
でも、季節だけは確実に流れていっており、
衛生面に於いての懸念が日に日に大きくなっています。
もし、各被災地に何か物資を送るご予定がありましたら、
是非、
吊り下げ用の虫除け
ハエ取り紙
うじ殺し
ゴキブリホイホイ
蚊取り線香
手のアルコール消毒剤
ウェットティッシュ

などをお願いします。
津波によって破壊された冷凍庫などからあふれ出した魚が、
瓦礫に塗れて街中に散らばっており、それが害虫の温床となって、
今悪臭と不衛生な環境を作っています。
早急の撤去をしていますが、人の手による作業には限界が有り、
なかなか進んでおりません。
どうぞ、よろしくお願いします。
[2011/06/11 19:11 ] | とろ仲日記 | コメント(3) | トラックバック(0)
春の益子陶器市 その2


           20110510_50-mini.jpg
                    益子も頑張ってるですよ!



       20110510_54-mini.jpg


       20110510_55-mini.jpg
                    割れてしまった陶器に文字が書かれてます。





          20110510_61-mini.jpg


          20110510_62-mini.jpg

          これ、どうやって造ったか聞けばヨカッタ(^□^;)本物ソックリ!


          20110510_60-mini.jpg


          20110510_64-mini.jpg


          20110510_68-mini.jpg


今回の陶器市は開催会期を短縮して行われましたが、
沢山の作家さんが作品を出店してましたよ~。
皆さん地震の影響も有ったでしょうに、がんばってらしてました。


そしてこのお方も、無事でした。

             20110510_67-mini.jpg






ここからは半澤淳子センセイのブースです。

             20110510_85-mini.jpg

             20110510_69-mini.jpg

             20110510_75-mini.jpg

             20110510_77-mini.jpg

             20110510_82-mini.jpg


             20110510_83-mini.jpg

                  息子さんのD君の作品です。なんか元気出る~♪


             20110510_78-mini.jpg

             20110510_79-mini.jpg

             20110510_72-mini.jpg

                  ワタシ、こういうの見逃しません。だははは・・・♪




             20110510_70-mini.jpg

             20110510_73-mini.jpg

             20110510_74-mini.jpg

ここでも、もりわじんさん活躍してます。沢山募金集まったそうです。
詳しくは淳子センセイのブログで報告がありますよ~。



             20110510_71-mini.jpg


             20110510_80-mini.jpg
               ズーム ズーム・・・
             20110510_81-mini.jpg
                 ズームアーップ!すると


             20110510_84-mini.jpg

                なんと後ろに今年の干支のうさぎさん隠れてます。







             














[2011/05/11 17:39 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
春の益子陶器市 その1

             20110510_111-mini.jpg
                         毎度っ!


5月2日快晴の元、益子に行って来ました。
今回は被災した宮城の相方の実家へ、食器を持って行きたく、
家でお蔵入りになっていたモノをかき集めましたが、
やっぱり大皿とか、大鉢など、地方特有の食器が足りず、
丁度いい具合に陶器市が開かれて、ホント良かったです。

当日相方は益子をTouch and Go!だったもので、
量販品をかき集め、その間に友人へのおみやも買い集めて、
1時間ほどで宮城に向かいました。

今回は力強い見方、キャスター付きのトランクを持っていきました。
相方には結構な量を持って行ってもらいましたが、
やっぱりこれが有ると無いとでは違いますね。
とっても助かりました。
次回往復車であっても、持って行きたいと思います。

          20110510_19-mini.jpg

車を停めたところはこちらでした。
とても立派な登り窯でしたが、やはり地震の揺れで倒壊してしまっていました。
もう、直すというよりは、作り直す方が早いんじゃない?って感じで。

          20110510_20-mini.jpg

          20110510_18-mini.jpg

          20110510_16-mini.jpg

          20110510_17-mini.jpg







みいしゃさんのテントです。近づくと珈琲のいい香りがしてきました。

          20110510_29-mini.jpg

          20110510_28-mini.jpg


        20110510_51-mini.jpg


               20110510_46mini.jpg
          みいしゃさんのお父様の力作。毎回腕を上げられています!





          20110510_33-mini.jpg
        東京谷中の『ギャラリー猫町』からバトンタッチされた、チャリティーです。


          20110510_32-mini.jpg
             もりわじんさんの作品と缶バッジでチャリティーですよ♪


                20110510_53-mini.jpg

          20110510_52-mini.jpg



           20110510_49-mini.jpg


           20110510_47-mini.jpg

               今年は卯年ですね。ロップちゃんでしょうか。~♪


          20110510_42-mini.jpg

          20110510_37-mini.jpg

          今回はインコにも挑戦ですね。セキセイとヨウムでしょうか。


          20110510_34-mini.jpg

                20110510_35-mini.jpg

                  ギャラリー猫町から引き続きで“旅ねこ”です。



          20110510_39-mini.jpg


          20110510_36-mini.jpg


          20110510_40-mini.jpg


          20110510_44-mini.jpg


          20110510_41-mini.jpg


          20110510_30-mini.jpg


          20110510_31-mini.jpg


          20110510_43-mini.jpg
          

[2011/05/11 17:00 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
二度目の石巻
昨日夕方、無事相方妹連れて帰ってきました。
妹、土曜日まで娘んとこでゆっくりして帰ります。
震災疲れ、どうか癒していってくださいね~。

今回も物資満載で行きました。
登米市に有る実家には食器類とテレビデオ。
石巻の義妹んとこには空気清浄機と、生鮮食料品。
たんすに眠っていた、手付かずのものを選んで他にも衣服、洋品等も。
知り合いでこれら無くしてしまった方がいたら、使ってもらおうと思って。
登米市では不便は有るものの、普段の生活にかなり近づいてきていますが、
石巻では店はやっていても閉店時間が早かったりで、
働く者は買出しが思うようにいかないそうです。
なので今回足が速いとわかっていても、豆腐、納豆なども持っていきました。

先方では一日ゆっくり出来たので、相方、妹と被災地を見てきたそうです。
写真を何枚か撮ってきてくれましたが、
これを直に見てきたのか思うと絶句・・・な写真ばかりで、
正直申しまして、私は一緒に行かなくて良かったな、と。
帰り三陸道を東北道に向かう途中に見た景色も凄く、
かなり内陸部なのに潮の生臭い臭いが鼻についたそうで、
それはここまで津波が押し寄せた証拠ということですね。

義妹とは6年ぶりくらいの再会でした。
お互いやっぱりそれなりに年取ったな~って感じで(笑)
でも、やっぱり中身は変わってなくて、直ぐいつもに戻りましたが。
義妹とは夕飯を一緒にとって、姪っ子のところへ送っていきました。

いろんな話を聞きました。
震災に遭った時の事、それからの約2ヶ月間の事。
流石にダイレクトに生の声を聞かされて、気の利いた掛ける言葉もありませんでした。
ただただ、
「大変だったね。」
というのが精一杯で。
ちょっとワタシもショックでした。
なワケで、この話は写真と共に、追々ゆっくり記していきたいと思います。


[2011/05/05 15:28 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
東日本大震災のわんこ、にゃんこ達
今日はニュータウン動物愛護会さんの、東日本大震災による動物達の保護活動内容を、
お知らせしたいと思います。

日曜日、おみその報告と震災被害に遭った動物達への募金を目的に、
里親会の会場へ行って来ました。
愛護会さんのHPから、震災への活動状況は大まかに知っていましたが、
実際に現地に入って保護活動をされていると聞いて、驚きました。
HPのBBSから、後方支援活動をメインしていらっしゃると、
読み取っていたものですから、代表の日向さんの言葉はちょっと衝撃的でした。

その活動内容は、一週間のうちに何組か分かれて福島県に入り、
人が避難してしまった地域で取り残されている犬、猫などを保護するというものでした。
しかし、一言で保護すると言ってもとにかく広い。
山も有れば田畑もある、街があってもそう簡単に出会えないそうです。
思った以上に保護は進まないのが現実とか。
そんな中でも、既に2回、保護を目的として赴かれたそうです。
次回は来週の火曜日。5月3日でしょうか。
行かれるそうです。もう、がんばってくださいと言って、募金するしか能の無いワタシ。
やるせないなあ。

広い広いゴーストタウン。
ホントにさっきまでそこで人が生活していたかのような、
妙な生活感が残っているそうです。
ちゃぶ台の上の湯のみ。
出かけようとして手に取ったであろう上着。
人が何かした痕跡だけは有るのに、
なのに人だけが忽然といなくなってしまった街。
そんな中で猫を見つけたそうです。
「早く早く!ケージは何処?早くしないとどっかいっちゃう!!」
とスタッフが大声で騒いでいると、何処からともなく犬が姿を現し、
脱兎の如く走ってきたそうです。
飼い主が帰ってきたと思ったのか、お腹が空いていたので懐かしい人の声に、
ゴハンを貰おうと走り寄ってきたのか。
でも、「ここ!ここにいるよっ!!」と、思わず人が自分達の存在を示す格好となったこの行為で、
姿が見えないところから犬が走り寄ってきてくれた。
これはとても大きな事件だったそうです。

人の声を聞かせてあげたい。そうすれば犬は出てきてくれる。

もうダメもとかもしれませんが、色々試してみてそれで犬や猫たちが保護できれば、
こんなに喜ばしいことはありません。
毎日毎日試行錯誤で保護活動されています。
次回行かれた時はラジオを置いてきたいと言ってっらしゃいました。
ラジオから聞こえる話声、音楽、それらを聞いて、
出てきてくれ、またそこにいてくれれば、ごはんも直ぐにあげられるし、
保護も出来ます。

がんばってください。
私は、本当に最後尾から、微力でしか応援できませんが、
「がんばってください」としか言えませんが、
何かの形で、末永く応援していきたいと思っています。
だから、今はホント、スミマセン。



              20110425_203-mini.jpg
              浪江町からの被災わんこ、『モカ』嬢です。
              新しい家族がほぼ決まりました。

[2011/04/25 23:53 ] | とろ仲日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。