スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
瀬戸の町 -来る福招き猫まつり-
ここ横浜市北部から、東海道新幹線に乗るのはとても容易で、
家を出てからものの30分で、あたしゃ座席でおにぎりを頬張ってまひた。

今の新幹線は昔と違って、『新横浜』という駅を無視しないので、
超特急が停まってくれるので、有り難い~のであります。
N700系は、名古屋まで1時間半で連れて行ってくれるのですよ~。
昔はひかり号は停まってくれない駅だったのが、不思議なくらい。
ホントに有り難や有り難や。
しかし、にゃ~ごや駅からがちょっと複雑なんれす(_ _;)
1回地下鉄乗って、それから名古屋鉄道瀬戸線です。
乗り入れて無いんですよ、瀬戸線は。
他の名鉄はみ~んな名古屋駅から散らばっているというのに。
で、とても不親切な広大な“栄”という地下街をウロウロしながら、
ようやく電車に乗って、最初から最後まで乗り切ったとこに、
会場の有る、「尾張瀬戸」という駅が有ります。

都会を出てから、終点一歩手前までず~っと住宅街を抜けて走る電車。
こんなとこに一体“瀬戸”と名の付く、陶器の名産地が有るんだろうか?
と、心配になりました。
が、いきなりですよ、いきなり。
ガラッと町並みが変わって、川を中心に瀬戸の町が目の前に広がりました。

       Img_0680-kuruneko-machi1.jpg

       Img_0681-kuruneko-machi2.jpg

       Img_0683-kuruneko-machi3.jpg


商店街や、文化センター等で、催し物をしているのですが、
会場間を、循環バスが無料で運んでくれるとです↓
       Img_0687-kuruneko-bus.jpg


商店街は二箇所、一応お祭りに対応してました。
が、大分寂れている感は否めず・・・。
多分近隣の大型商業店舗に、根こそぎ持ってかれてるんでしょうねえ(_ _;)

       Img_0688-kuruneko-taremaku1.jpg

       Img_0689-kuruneko-taremaku2.jpg

       Img_0690-kuruneko-taremaku3.jpg



商店街の一角に、“猫神社”が有るというから、
ワクワク♪しながら行ってみると(((((((_ _;)
これですわ↓










       Img_0691-neko-jinjya.jpg

屋号は隠しておきましょうよ、屋号は・・・( ̄- ̄;)


それでも、招き猫という特別なアイテムは、それなりに観光客を呼び込んではいるようで、
瀬戸蔵という名の、瀬戸の中心的な建物が有ったり、
作家の方々の作品を展示した、招き猫ミュージアムが有ったりと、
背後にフツーの住宅地を控えていても、町はやはり観光地なのでありました。


       Img_0677-kuruneko-saiji3.jpg
瀬戸蔵内ホール吹き抜け


       Img_0699-kanban.jpg
招き猫ミュージアム。
期間内は入場料半額~♪


ただ残念な事は、みいしゃさんを、そして作品を撮影できなかった事。
撮影禁止だったんですわ~、展示会場&出店会場は。
なので、次回ワタシが見繕ってきたモノで、今回の作品を紹介したいと思います。
今回みいしゃさんは第11回平成の招き猫100人展に、
出展していたんですよ~。

       Img_0678-heisei-100-nin.jpg

まあ、こちらは無理でも、せめて出店会場くらいは何とかならんかったかのう。
で、それでなのですが、出来れば昼間の明かりの中で撮りたいので、
明日以降、UPは何時になるかな~(^□^;)






スポンサーサイト
[2009/09/26 21:13 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<閑話休題 | ホーム | 羽、伸ばし切ったわ~♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。