スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
バリウムの罠
滅多にしない事をすると、何かとっても興奮してしまうま(^^;)
昨日の健康診断もそんな事のひとっつでありまふ。
特に忘れられない出来事、そりはやっぱり断突でバリウム検査。

最初内科の検診をします。
その時、バリウム検査の事を聞かれました。
やった事、有るぅ~?って。
無いと答えると、ジッちゃん先生は、
「あのね、ハッキリ言って、美味いもんじゃないけど、
前よりかはずっと飲みやすくなってるからね。
だけど、下痢は避けられないから。
これだけはどうしても避けられないからね。」
と丁寧に説明してくれたじょ。
・・・え?
バリって飲んだ後、下剤飲まないと大変な事になるって評判なブツじゃ無かったっけ。
白いナニを便器の中に見る・・・、と、そう皆口を揃えて言っていたような気がするんだけど、
誰も、一度も、ゲーリーの事は口にしてなかったんだけどなあ、おかしいなあ。

なんせ初バリなワタシには、ゲーリーになるのを分かっていて、どうして下剤を出すのか、
理解できなかったじょ。
それとも、そこまでしないと、出てって行ってくれないシロモノなのか?バリウムって。
そんな不安と期待を胸に、結局バリは最後から二番目の検査になってしまったのだが・・・。

で、検査の模様は前回記した通りなのだが、
終わってから直ぐ、20mlくらいの水に、下剤を数滴垂らしたものを飲まされた。
レントゲン技師がとりあえずこれを、
直ぐに飲ませたかったらしいところを見ると、
胃から腸に流れて行っているバリに、追いつけ追い越せ混ぜ込めろ
という意味が有っての事なのだろうか。
・・・出てっていってもらえず、苦しむ人は相当苦しいんだろうか・・・。

で、私の場合。
あっ、向こうから電車が見えてきた。何だろう、普通車かな~、快速かな~。
・・・あれはっ!東海道新幹線N700系だーっ!!!

でした。
スポンサーサイト
[2009/06/04 22:47 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<たかいたか~い、たかいたか~い | ホーム | 初めての、バリウム>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。