スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
人は裸で生まれてきて白骨で死ぬ -東京新聞 今日の占い-
昨日、散々大口叩いておいて、今日は結局行かれまへんでした(_ _;)
なんか、ワタシの殺気を感じたのか、ととらクローゼットの奥に隠れて出てきまへん。
無理矢理引っ張り出されそうになって、もの凄くイヤイヤするので、
もうアカン・・・、どうせ木曜日にあっちに連れてかないかんのやから、
ここで負担掛けてもな、と思い今日は断念したんだす。
う~ん、やっぱ殺気のオーラ、何時にも増して出とったんかい。

でも主治医を変えたい気持ちモリモリ、は変わらないので、
数年前に亡くなったGRのマリンのご主人に電話で相談してみました。
マーちゃんも、生前色々病気しましてね~。
腫瘍は出来るわ、子宮蓄膿症の手術は受けるわ、心臓発作で倒れるわ、
もう数え上げたら両手両足でも足りませんのことよ。
で、いわゆる口コミ、人づてで数軒の獣医を巡ったのち、
最後の6年余りを同じ先生にお世話になったそうで、
決め手になったのは、設備よりどれだけ動物の立場になって考えてくれるか
だったそうです。

電話では病院替え以外に、老齢化した動物の予後をどうするかとかにもなったんですが、
人でなくとも、家族であることには変わりなく、
どこまで本人に頑張ってもらえるか、
(これは病院通いという最小限の負担も含めてで)
どこまで痛みや辛さを緩和させてやれるのか、
競走馬の予後不良という、
スポーツ紙面の四文字とは、また違った重みが、ズシリと。
こんな4キロもないちんまい身体なのに、ズシリと、
両腕に響くのであるですう。

まあ、若い個体であれば何としてでも助けたいし、
また助かるもんで。
でも、もうジジイ、ババアになった連中に、鞭打って頑張れとは、
言えませんもんねえ。
頑張るコは、なんもせんでも、超低空飛行でも、そのまま行きますもんなあ。
鳥人間コンテストのように。

そう考えれば、今更ですが、自然の摂理に逆らっての辛い思いも、
可哀相ですわな。
ただやっぱり、今ととらの身体がどういう状態であるかだけは、
知っておきたいのも事実なので、このコブが何であるか判明して初めて、
また、何で身体がビクつくのか、痛がるような素振りを見せるのか、
出来るだけでいいので、わかるのであれば、
それからゆっくりと、ととらの予後を考えるっす。
今んとこ決まっているのは、その事と、今年の盆、わたしゃ相方の帰省には同行せんで、
久々に独身を満喫する事ですかいのう~、ふぉっふぉっふぉっふぉっ♪






※卯年のワタシの今日の占い。

 要するに、「どうでもええことで、悩んどるぞオマエ。」
 と言う事らしい。


スポンサーサイト
[2009/05/18 23:51 ] | うちの猫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
<<猫砂 | ホーム | ああやっと、やっとおおおお>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。