スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
唐突ですが、美帆が死にました。

夜9時ごろ病院から急変したのでこれから手術だと連絡が有り、
急ぎ駆けつけたところ、ちょうどメスを入れるところで、
状況を説明してもらえました。
子宮蓄膿症はかなりキビシイ状況でしたが、
内部で爆発したのではなく、陰部から膿が出て急変となり、
病巣はキレイに摘出は出来たのですが、やはり体内に毒素が回ってしまっていて、
敗血症になってしまったようです。

乳腺腫瘍の方は早期発見が出来たのですが、
毎日のスキンシップであるお腹グリグリだよ~んでも、
子宮蓄膿症はまず分からないそうで、
定期的な検診を行っていなかった私達の明らかな怠慢に、
心底美帆に申し訳ない気持ちで一杯です。

一度は手術後意識も戻り、きちんと私たちを認識出来、
声掛けに答えるほどになり、
明日からの治療方針やゴハンのこと等を、
先生達も話していた矢先の、いきなりの呼吸停止、心臓停止。
急ぎ呼ばれて駆けつけたのですが・・・。
実話、病院を一度出た後、どうにも直ぐに帰る気になれず、
病院の近くで時間を潰していた私たちでした。
ようやく帰宅し、外階段を昇っている最中に、
相方の携帯に連絡が入りました。

昨日まで、というより昨夜美帆の病状を検索していて、
徹夜になってしまったワタシは、病院に連れて行くまで、
2時間ほど美帆と朝寝をしたのですが、
いつも通り元気で、そしていつも通り布団の中に入って、
ワタシに引っ付いて眠る美帆に、
それほど重い病気を連想する事なんか出来ずにいたので、
今日一日の出来事が、まだ実感できずにいます。

悲しいけど、悔しくて、申し訳なくて、信じられなくて、
もうごっちゃになった感情、気持ちが、ワタシをボーっとさせてしまっています。

ホントに死んじゃったんだ。
ホントに死んじゃったの?

相方も相方でショックが大きいので、色んな事になっちゃってますが、
「誰かのせいにしたい。」
なんて言われちゃうと、
「アタシは何かにつけて、病院へ行く事、避妊する事を嫌がって、
させなかったアンタが許せない。」
と言ってしまいそうな自分が、とってもコワイし、嫌です。
だって、その時に強引に連れて行くことは、
出来なかったワケではないでしょうから。
ちゃんと避妊しない事のリスクを説明して、
定期健診の大切さを説明して、
納得するまで説得しなきゃいけなかったんですから。
だから、ワタシもワタシがとっても嫌でたまらないです。

ととらより美帆の方が若くて、今は特に元気の差が顕著に見えたので、
きっと美帆がととらがいなくなった後を、癒してくれると思っていたのに、
まさか美帆が先に、しかもあっという間に逝ってしまうなんて。
今日病院でも、美帆は他の飼主さんに、
「まあ、キレイね~。とっても若いわ、11歳だなんて見えないわ。」
って言われてたのに。

今はもう心が空っぽです。
病院でわんわん泣いちゃいました。
朝行って、検査の結果が出てからグズグズなりだして、
昼間とりあえず出勤して一人になると、えんえん泣いて、
夜急変の知らせを受けて行った時からはうえ~んって、
声まで出ちゃいました。
明日もきっとわんわん泣くと思います。
後悔と悲しさと、寂しさと、鼻水で、当分ぐっちゃぐっちゃになると思います。

美帆、ゴメンネ。謝っても謝りきれないけど、
美帆、ホントにゴメンネ。

悪い父ちゃんと母ちゃんでした。
でも生まれ変わったら、またうちの娘になって下さい。
今度こそ、ちゃんと美帆の身体、大事にします。
今度こそ、ちゃんと幸せにします。
美帆、本当にごめんなさい。

      P5200026-miho-up1.jpg

スポンサーサイト
[2009/04/08 01:34 ] | うちの猫のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
<<何かしてないと、落ち着かねぇ | ホーム | しばらくお休みします>>
コメント
美帆ちゃん…亡くなったって…

なんと言って良いのか、言葉がみつかりませんが、
ご冥福をお祈りいたします。
[2009/04/09 22:33]| URL | iku #- [ 編集 ]
うん、死んじゃったんだあ~。

・・・でも信じられんない、もういないなんて。

帰ってきてサ、飛んで出てくるはずの美帆が、
いないのよぉ。
ただただ、ただただ・・・淋しいよぉ。
ととらもいるのに、淋しいよぉ。
いきなりのサヨナラは一番堪えるね。
[2009/04/10 00:43]| URL | とろりん #kXwgQfKw [ 編集 ]
先に・・・
今はきっとショッックでつらいでしょう・・
つらいのは当然です。
私もニャン太郎が旅立ったときは、自責の念でどうかなりそうでした。
今は時間に手足を投げ出して何も考えない方が良いかもです。
でも美帆ちゃんは幸せだったと写真の顔が語っています。
よくわかります。
[2010/06/09 21:43]| URL | まつぼっくり #- [ 編集 ]
まつぼっくりさんへ

ありがとうございます。
美帆はお布団の中に必ず入ってきて、
一緒に寝るコだったので、
夜、さあ寝るぞ、という時がやっぱり一番寂しかったですね。
あれから1年経ちましたが、
やっぱり今でももちろん相方は寂しいようで、去年秋に来たおみそを布団に誘っては振られてしまい、
肩を落としています(^^;)
でも、二人で仲良く転寝とかしてるんで、
本人が気がつかないだけなんですけどね、
添い寝の醍醐味が戻ってることを(笑)
[2010/06/11 14:36]| URL | とろりん #kXwgQfKw [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。