スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
先日の問屋破産騒ぎは相変わらず、
収まる様子を見せてませんがな。
たとえるなら、タイタニック号の沈没のようっす。
なんせ80億を越える年間売上が有った会社で、
負債金額も50億近くでした。
(不動産投資と新規事業につまずいてさあ、本業は黒字だったていうのによぉ。)
なので真夜中の海におっ放り出されたお客さんの数も、
全国に何百軒単位ですわ。
そのお客さん達が救助を求めて、あっちこっちの問屋を手当たり次第に当たってますし、
品物を納入していたメーカー、業者もその救済に翻弄されてます。
フツーの大きさの問屋倒産だったら、こんな事もしないはずの全国規模のメーカーが、
資料を頼りに各小売業者を回って、取り急ぎの品物の取次ぎ、
次の問屋の紹介、仲介を勝って出てくれていることが、
この破産の大きさを物語っていて、怖いですわ~。

わが社にも昨日ドリルメーカーの大手さんが来てくれて、
今日も何社か次の取引先になってくれる問屋が来てくれました。

とりあえず、これでうちの騒ぎは収束に向かうと思われますが、
やっぱり従業員たちがね~、かあいそうにゃ。
この破産をまったく知らされていなかったのは、

①従業員
②仕入先メーカー
③納入先小売店

全く取引の無い関係ないところほど早くから、
「あそこ、危ないってさ。」
と噂になっていたそうにゃ。
・・・。(汗)

一体何がどうなっていたのか、ホントのところは未だ分からず。
商いっていうのは、ホントこわいものです。
スポンサーサイト
[2008/05/29 16:28 ] | 商人んのつぼやき | コメント(0) | トラックバック(0)
<<一度は行ってみたい、J.I 口演 | ホーム | あと半分くらいか・・・?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。