スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
さよならでも、いいんだよ・・・。
ここにも何度か書いたGRのマリン御年13歳。
2月1日で目出度く14歳とあいなるはずの、オバアチャン犬。
去年の12月の頭に胃捻転を起こしました。
丁度家に家人がいたので直ぐに獣医に掛かる事が出来たので、
その時は内科的な治療で済んだのですが、17日に再度起こした時、
家には人は居なんだで、お腹パンパンに膨れてしまって、
急遽手術になりました。
もちろんその時には、前検査でしっかり手術に耐えられるか調べて、
OKが出てからの治療でしたが、やっぱり負担は大きかったのでしょうか、
暮から調子を崩し、今、三途の川まだあと少しのところでうろうろしてます。

1月5日(土)
昼過ぎ、寝床で猫とイチャイチャしていて、
「休みもあと二日なのに、こんな日にこんな時間に、こんなトコでこんな事してて、いいのっかな~♪」
なんて思っていたら、マリン(以後まーちゃんと記す)家のお母さんから、
まーちゃんが危篤と知らせを受けて、すっ飛んでい行く。
先方に着くと、いかにも具合が悪そうなまーちゃんが、それでも笑顔で迎えてくれて、
思わずまーちゃんと抱き合って泣きまくる。
聞くところによると、暮れにお風呂に入れてから特に衰弱が激しく、今日明日を覚悟してくれと獣医は言って帰って行ったそうな。
まーちゃんのお母さんが、嫁いだおねえちゃんを迎えに駅まで出ている間に、
まーちゃんと再び抱き合って泣きまくるが、
お母さんが用意してくれていた焼肉(まーちゃんに)を、試しに与えてみると豪快に平らげ、
私らが持って行った電解中性水をゴクゴクと飲み干す。
危篤のはずなのにと拍子抜けするが、獣医の看立てが間違っている事を心から願う。
帰ってきたお母さんとお姉ちゃんもやはり驚き拍子抜けするが、
奇跡が起こってくれる事を切に願う。


1月6日(日)
午後から人間向けにアン○ルセンのパンを、まーちゃんには昨日の電解中性水を8リットル持って赴く。
しかし、昨日とは打って変わって調子が悪そうだ。
鼻で荒い息をするのは変わらず、が、水など受け付けてくれない。
夕方担架に載せられて外まで連れてかれ、お小水をさせられる。そこそこ出る。
が、とにかくガレてしまった身体が痛々しい。
でも、しっかり自分でいつもの態勢でおしょんをするので、ちょっとは安心する。


1月7日(月)
今日から仕事。午後8時近くにまーちゃんちに到着。
どうでっか~?と恐る恐る上がる。昨日の様子が頭から離れない。
ガーン( ̄□ ̄∥;)
やっぱり予想通り、すんごく具合悪そう。
しゅん膜が半分くらい出て、目もうつろである。
息も、吸う長さより吐く長さが圧倒的に短い。肺の空気を吐き出しきれないので、
苦しさが倍増しているようだ。
またまた、まーちゃんと抱き合って泣きまくる。
私らが行くと頭を上げて尾っぽバシバシ振ってくれるまーちゃんが、
いじらしくて、涙が止まらない。


1月8日(火)

仕事を終えてから7時半ぐらいにまーちゃんちに到着。
まーちゃん、生きてるかあ~?と上がると、
元気っぽいまーちゃんが笑顔で尾っぽバンバン振って迎えてくれる。
しゅん膜も大分落ちてきて、目もとってもしっかりしている。
ほんまかいな~♪
昼間は自分の足で歩いて行って、いつもの自分の食器で水をガブガブ飲んだそうだ。
うれしぃ~。
でもやっぱり固形物は食べないそうなので、家から持ってきた不味いと評判の『ノニジュース』(タヒチ産)を与えてみる。
これも家で電気に掛けて電解し、パワーアップしてあるのでちょっと期待出来そうなんだけど、
超マズイから、どうかな・・・?
って、あぁ~飲んでくれた。ちょっとづつだけど口の横から入れてもらって、
ちゃんとゴックンしてくれている。
あぁ、効いてくれタヒチアンノニよ。


1月9日(水)
今日はスポーツ店で酸素ボンベ(10リットル)を買ってみた。
ずっと苦しいまんまの、まーちゃんだけど、これって効くかな?
もし効いてくれるなら、明日は業務用酸素ボンベ500リットルを持って来て、
酸素テント作ってあげるですよ。
って、試しのたった4分あまりの10リットルだったけど、呼吸がとっても楽になってる~♪
まーちゃんも、自ら口をボンベのマスクに押し当てて来てる。
昼間、往診にきた獣医に今週がヤマと言われて、いよいよ覚悟をと落ち込んでいた家人たちも、
酸素ボンベを口にあてがわれてとっても呼吸が楽になったまーちゃんを見て、
涙ぐむ。
でも、今夜は昨日よりもやっぱり具合は悪化している。
苦しいのか時々座ったりする。そして口で息をしはじめたりするようになった。
やっぱり、獣医の看立てに間違いはないのだろうな・・・。
でも、せめて苦しさを少しでも緩和させてやりたい。
やっぱ酸素室は作ってやった方がいいのだろうか。
でも、それって苦しい時間をただ長くするだけなのだろうか。
でもでも、苦しさの緩和にはなるのだろうか。
悩むよ~。
スポンサーサイト
[2008/01/10 04:13 ] | ケダモノご一行様 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<引き止めちゃって、ごめんね。 | ホーム | 金縛り・・・キライです>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。