スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
エリア・ギャップ
相方の妹の息子、いわゆる甥っ子が彼女と共に石巻からこちらに遊びにやってきた。
一泊二日、車での上京なのでとても忙しい観光。
別に寄らなくてもよかったのに~(^^;)
今日は彼女の友人と横浜で呑んで、湘南に有る友人宅に近いビジネスホテルに泊まり、
明日、新江ノ島水族館を観て帰る予定。
帰路は彼の妹、私たちから見て姪っ子、を拾って石巻に帰る。
最初は姪っ子を都下まで迎えに行く予定だったが、私のいらん一言で、
“えのすい”まで姪っ子を来させる腹つもりになった、甥っ子。
さて、我がまま一杯の姪っ子が何と返答するか、楽しみである。
っていうか、せっかく兄ちゃん来たんだから、たまには協力してやれよな姪っ子。
乗っけてもらってタダで帰るんだしさ。


甥っ子の彼女はうちの相方の実家ととても近くて、
普段の生活ぶりもそう変わらないらしい。
相方がもし地元で暮らしていたら、きっと染まっていた色と同じだと思う。
彼女の家でも猫を飼っているとのことで、アメショーの母親と雑種の間に生まれた猫だという。
その猫が震災のあと四匹の仔猫を産んだそうだ。

ここで、但し書きをしておくが、私は地方に住んでいる人が全て、
“田舎もん”であるとは思っていない。
どんなに過疎に住んでいても、物の考え方捕らえ方は様々で、
私たち都会に住んでいる者より、もっと良い意味で進んでいる人は沢山いることを、
私は重々承知している。
昨今、インターネットによるグローバル化で、家に居ながら世界と簡単に繋がってしまえる日常に、
地域格差が縮まったと確信しているくらいだ。
都会と同じ様な店が出店し、同じ様なモノが手に入り、TV媒体で全国変わらぬ情報が入ってくる。
方言も随分薄れてきた。
十代の若者の容姿も、変わらなくなってきた。
近い将来その格差はもっともっと縮まると思う。
それを承知している私の前に時々“田舎もん”が現れる。
今回も二人、現れてしまった。

甥っ子の彼女の家では、生まれた四匹の仔猫を、
飼いきれないと保健所にやってしまったそうだ。
すまなそうにしていても体裁を繕うような笑みを浮かべる彼女に、
私はとてもやりきれなくなってしまった。

私:「避妊はしないの?」
彼女:「う~ん、迷ってるんですよね~。」
私:「避妊、して。保健所に持っていくということは、“殺す”ということなんだよ。」
彼女:「はい・・・。」
私:「お願いだから避妊してね。」
彼女:「はあ・・・。」

私が言っている意味をほとんど理解していないようだった。
相方に言わせれば、まだまだそれが当たり前だそうで、
犬猫の口減らしは、まだまだまだまだ無くなりそうもない宮城県登米市。
その後、うちの猫の生い立ち、福島での動物レスキューの実態を話したが、
どこか遠い世界の話を聞いているような顔をしていた二人だった。
甥っ子の家でも、軒下にお腹の大きい野良犬が住み着いてしまい、
子犬が産まれた後“子犬を一匹”手元に残しあとは保健所にやってしまったことが、
随分昔に有る。
その後少しして、ペットショップで買ったハムスターが死んでしまい、
家族みんなで泣いたという話を聞いた時私は、
『あの母犬と子犬は可哀想じゃないんかいっ!保健所で殺してもらったあのこ等はどうでもええんかい!』
と激怒したものだった。
もう20年近く前の話だけれど、何も変わっていない宮城県登米市、そして石巻市。
福島へのレスキューが、ガソリン代、高速代、餌代まとめて週末1回いくだけで数万円が飛び、
それは全て寄付、いやほとんどが私財からなんだと言っても、
不思議そうな顔をしてたなあ~。
みんな必死であの命を、あの瞳を助けようとしてるんだけど、
それはほとんど伝わらなかったようだ。
残念だ。

どんなに街として発展しようとも、人間の都合で太古から人の良きパートナーになってきた彼らを、
平気で亡き者に出来る人たちを、私は“田舎もん”と呼ぶ。
多分これからもそんな人たちと出会ったら、心の中でつぶやくだろうな、
「この、田舎もんがっ。」
と。
スポンサーサイト
[2011/10/23 00:07 ] | とろ仲日記 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<現行犯です | ホーム | 食堂車>>
コメント
ううっ
涙が止まりません~
甥っ子さんの彼女さん
命の大切さを考えて欲しい下さいっ
あなたが気がつけば
また一人また一人と考えてくれるヒトも
増えるはずっ
[2011/10/24 16:11]| URL | サトヲ #- [ 編集 ]
まだまだ
そんな軽く考える人達が
おるんやね(T ^ T)
アタシも前に近所の公園に
仔猫捨てに来てた人におもいっきり
文句いうて喧嘩なったけど…
保健所なぁ…つらいなぁ(T . T)
[2011/10/24 20:17]| URL | 桃 #- [ 編集 ]
身内だけに

余計ツライね(>_<。)


人によるやろーけど

代々続く悪しき風習はナカナカ直らんのやね…



捨てる人はドリームボックスのボタン平気で押せるんやろか…
[2011/10/24 22:22]| URL | ネネコ #- [ 編集 ]
サトヲさんへ

“家畜”なんですよね、未だに。
いや、もしかしたらそれ以下の“物”かもしれないですね。

義父ちゃんが、飼っているベコがめんこいと言います。
農業の傍ら、肉牛の生産農家もをしているのですが、
10ヶ月したら、母牛から強制的に引き離して、
売ってしまうのに、何がめんこいだ、ボケぇ。
と、次男の嫁の私は思いますw
その母牛も歳を取れば子を残し、
“出荷”するくせに、何がめんこいんだと。

地方の、農家の人間の見るカラスの色は、
一体何色なんかと、
時々考えてしまいます。
彼女の住んでいるところは、そんな所なんです。
良いところなのに、それだけが残念ですわ~。
[2011/10/25 02:50]| URL | とろりん #kXwgQfKw [ 編集 ]
桃ちあ~んへ

飽きてしまったおもちゃを捨てるように、
簡単にゴミ箱へ投げ入れてしまう感覚?
っちゅうんでしょか?(T_T)
犬や猫の命は、ちり紙よか軽く薄べったいものらしいですわ。
おまえ等一度、一酸化炭素吸うて、
お花畑見てこいやあ!
と言ってしまうとこでしたw
うちの近所でも地場の農家の人間の感覚は、
変わらんらしいわ。
ニュータウン愛護会の人が嘆いとった。
生まれたてを、そのまま川にドッボンするなやあ!
って。
[2011/10/25 02:56]| URL | とろりん #kXwgQfKw [ 編集 ]
ネネコはんへ

地方だからと諦めないで、
啓蒙活動はやらんと、アカンよなあ。
こんだけ格差縮まってんのやから、
できひんこと無いと思うねんけどなあ。
だって“ペットショップで金出して買うた
ハムスター”が死んだときは、
悲しくて皆で泣けるんやろ~?
せやったら、犬や猫かて同じやん。
いや、ハムスター以上に親密になれるやもん、
その気になればどうとでもなるわ。
小学校の道徳の授業で、是非っ!
保健所に行って、ドリームボックスのボタンの意味、
勉強さしたいわ~。
避妊さえすれば、命を無駄にせずに済むことを、学んで欲しいわ。
[2011/10/25 03:04]| URL | とろりん #kXwgQfKw [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。