スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ちょっとだけ保険講座
強制保険と呼ばれている自賠責保険と任意保険の関係について。

というのも、前回の記述の中で、

後遺症に関して保険会社は取り合わない

的こと書いたのだが、これは軽症であった場合で、
たとえば重症、重態になった人がその後後遺症に悩まされた場合など、
等級を付けられてしまいますが、後遺症の保証は有ります。
ただ、いわゆるムチウチと呼ばれる、首その周辺の筋肉や腱を痛めてしまった場合、
後遺症の立証がとても難しく、保険会社は事故の怪我と、後遺障害との因果関係を、
認めたくないというのが、実際なのです。

事故が起きた時、真っ先に知らせる保険会社、
皆さんは任意保険と呼ばれる保険に加入している保険会社に連絡をされています。
でも実際お金は、まず自賠責保険が使われてから、任意保険の対人保険が使われるのです。

そもそも自賠責保険は国が定めた強制加入の保険の為、
強制保険などとも呼ばれているのですが、
これは事故に遭ってしまった被害者の保護の為に有る保険で、
自分が加入していても、自分の治療には一切使えません。
この保険を切らすと罰則があるくらい、厳しい制度なのですが、
いかんせん補償金額が低い。

死亡に至治療費上限¥120万円
怪我による治療費上限¥120万円

他にも死亡した場合、後遺症が残った場合など、
それなりの金額で被害者は補償されますが、
審査が厳しかったり、金額に満足いかなかったりと有り、
任意保険の存在が必要となってくるわけです。
(もちろんこの場合も、自賠責保険が使われてから、初めて任意保険が使われます。)


最近は車も増え、事故もそれにつけ多くなっては着ており、
死亡事故の割合も増えてはいるものの、
やはり事故に遭う=怪我をするというのが、もっぱらだと思います。
そんな時、相手が任意保険に加入していないと、
自賠責保険だけで全てを担わなければならなくなります。
しかし保証金額が余りに低い為、被害者は、はっきり言って持ち出しです。

自賠責保険の利用内訳は、


治療費
慰謝料
その他


なのですが、支払われる優先順位があります。まず最初に治療費(速攻病院へ入金)です。
なので120万円丸まる治療費に使ってしまうと、慰謝料は一銭も入って来ないどころか、
この治療、実費ですからね、実費!
いつも払いなれている、健康保険が効いた金額3割負担の金額を思い描いていると、
あっという間に、無くなります。
なので、治療も途中で断念せざるをえない事にもなりかねます。

もし自賠責保険を使い切ってしまった場合ですが、
その後は国の援助機関が、実話あるのですよ。
同じく金120まんえん
でも、手続きやらで一週間から10日は間が空くので、その間本人に負担が掛かります。
そう、実費の治療費負担が。

もう、考えただけで恐ろしくなります。
なので、前出の健康保険が利用可能という事が、とても心強くなってくるというワケです。

世の中車が溢れています。その車を運転する人も溢れています。
どんな事故に遭うか、検討もつかないです。
どうか皆様、お出かけの際は、最新の注意を払って、移動してください。

























実話、自賠責保険を有効に使う裏ワザを一つ知ってたりなんかする。
でも、これは合法かどうか、ちょっと危ないところ。
まあ、事故後何年も経ってしまったり、安易に治療を終了してしまって、
保険会社から見向きもされなくなったら、皆必ずやっていることで、
な~んにも問題は無いのだが。
どこで使うかで、ちょっと後ろ暗い事にもなってしまいかねない、
ワザなのであります。

スポンサーサイト
[2009/10/30 16:37 ] | 商人んのつぼやき | コメント(0) | トラックバック(0)
<<保険講座・・・あと何書こう | ホーム | 今週は保険講座>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。