スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
帰郷その2
先週の金曜日深夜、東京都下にいる姪っ子を拾って、
相方一路宮城に向かいました。
途中三箇所で給油を試みるも、一箇所で上限¥2000円の給油しか受けられず、
実家に着いたときには、1500ccの車のタンクは半分ほどでした。
その後実家への荷物を下ろし、街の郵便局で石巻宛の荷物を受け取り、
一路姪っ子の家へ。

(実話、この『石巻宛の荷物』、郵便局の手違いで引き取れずにおりまして、
危うく戻されるところだったんです。
結局差し出した本人が受け取る事になるなんて、金返せ~っ!ですわあ。)

フツー石巻までなら1時間ほどで着くのですが、
今回は随分と遠回りさせられました。
田舎の一本道を何キロも走った挙句、
いきなりバリケード一つで通行止めになっていて、
警察官に代替道路を聞くと、
「自分は埼玉から来ているんで、道はちょっと・・・。」
なんて、言われちゃったそうで。
(ナビを急遽着けて行ったんですが、移動性の有るバリはどうしようもなく。)

「ちょっとくらい通してくれてもいいのに、緊急車両以外はダメ!とかで、
だったら回り道の誘導もちゃんとしろよ!」
と相方は怒っておりました。
そこで役に立ったのが姪っ子であります。
近くに大きな施設が有ったのですが、そこまで行かれれば、
そこから先は道が分かると言ってくれて、
二人三脚で無事家にたどり着けたそうです。

家に着いて、何が一番喜ばれたかと言うと、
カップラーメンだったそうです。
近所での世話役が、色々配給物資を届けてくれるのだそうですが、
やはり炭水化物が多いそうなんですね。
で、先日は5人家族だからと、ロールケーキ5本とか。
いや、有り難いんですよ、届くんですから、食べ物が。
でも、ロールケーキ5本って、毎日菓子パンとか、こういうのだと、
やっぱり人の口もね、わやになってくるみたいで。
だから温かくてしょっぱいラーメン嬉しかったみたいです。
(カップラーメンも、もちろんほとんどが炭水化物です。)
あと、僅かですがガソリン、そして灯油。
いつもフツーに使っている生活用品が、こんなに喜ばれるなんて、
思いませんでした。

帰り、日曜日ゆっくりしてくるかと思いきや、
午前中からガンガン雪が降り出してしまい、
昼には石巻を離れることになりました。
が、街を出る頃には雪なんてどこにも無くて、
その後も東北道の山間も積雪の心配も無く、
夜には東京都内で姪っ子と夕飯を食べられました。

石巻の義妹の家は幸いな事に倒壊を免れましたが、
北上川の支流から溢れた水が、目の前の田畑に沢山の瓦礫を運んできており、
一歩間違えればこの家も危ないところだったんだと、
改めて津波の恐ろしさを覚えたそうです。
と言うのも、家が有る土地の海抜は136m有るんです。
目の前に左から山が入り込んでいて、石巻の市街地を隠しています。
今自衛隊がベースを置いている所から、直ぐのところに有るのを考慮しても、
かなり安全な地域なんです。
なのに、津波は川を遡ってここまで来たんですよね。

今日大手スーパーが石巻で再開しました。
TVで見たところによると、品揃えもかなり良いようで、
ちょっとだけ、安心しました。
だたそこに行かれるのは、ガソリンの入った車を持っている人だけ。
まだまだ街の人全てが潤ったわけではなく、
今後も目が離せません。
一つ明るいニュースが有るとすると、
塩釜の製油所にタンカーが接岸出来る様になり、
かなりの量が岩手県、宮城県、福島県の沿岸地域に
運ばれるようになった事で、
一歩ずつですが改善の兆しが見えてきたことは、
喜ばしいことです。
タンクローリーのような大型車が入って来られるという事は、
他の物資の搬入はもちろん、重機も入って行けるわけで、
行方不明者の捜索や、街の整備も進むでしょう。

震災から一週間目で義妹達の安否が分かり、二週間目で石巻に乗り込めて。
明日で丁度三週間目。
時の経つのは早いんだか、遅いんだか、分からなくなりました。

スポンサーサイト
[2011/03/31 17:13 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
一週間経ったおみそ
先週の木曜日の夕方、先生から電話をもらいました。
「おみそちゃん、その後どう?」
で、その時はハッキリ言って、良くなってますとは言いがたく、
「・・・25%くらい良くなりました。」
と言うのが精一杯でした。
週末、土曜日に連れて行き先生に診てもらっても、
“25%”と言った私の表現が丁度いい塩梅で、
よくも無く、悪くもないという、どっちつかずの状態でした。

顕著に良くなっていれば、今の治療が的確であり、
全く良くなっていなければ、MRI等のもっと突っ込んだ検査や、
治療が出来る病院を紹介するつもりでいたそうなんですが、
この宙ぶらりんな状態では、もう一週間様子見ましょうと、
ならざる負えない状態でいます。

今回眼球の保護の為に目軟膏を頂きました。
目の表面に油膜を張るためです。
が、しかしこれが皮膚に合わなかったらしく、
瞼の縁が赤くなり、閉じないはずの瞼が腫れぼったくなって力も入り、
ゴルゴ13のような目つきの悪いおみそが出来上がってしまいました。
なのでこれは投薬中止、今までのヒアルロン酸と抗生物質の点眼に戻りました。
内服薬はビタミン剤と神経を休める薬を朝晩飲ませてますが、
一週間飲んで少しは慣れたのか、私一人でも飲ませることが出来るようになりました。

で、肝心な最新のおみその状態ですが、
瞼は眠い時、8割ほど閉じるようになりました。
瞬膜を入れれば、100%眼球は保護されていますので、
とりあえず安心です。
ただ、瞬きなど瞬間的な動きは出来ないので、
あくびなどする時は、瞬膜がシュタッと動くので、
見ていて背筋がゾワッとする時があります。(苦笑)




今回のおみその瞼の麻痺、もしかしたら、
地震後の何かメンタルな面からきているのではないかと思います。
あの時こちらでも震度5弱の揺れが、かなり長いこと続きました。
その後もずっと余震は続き、人の間では『地震酔い』の存在も、
知れ渡りました。
地震の後の最初の一週間、私は朝から夜遅くまでフルで仕事に行っていて、
かなり興奮状態で過ごしていました。
夜も余震の事もあり、ほとんど寝ていませんでしたが、
身体にどれだけ悪いと分かっていても、どうしようもない一週間でした。
神経がずっとピーンと張られている状態から、
どうしても抜け出られずにいました。
ととらも、あんなに頻繁に吐いていたのに、吐かなくなったんです。
だから、今思い返してみれば、おみそも普段とてもガサツに見えていたけれど、
今回の出来事はかなり心に負担が掛かっていたのではないかと、
思えてなりません。
(その後、ととらは先週末から、またいつものように吐き始めました。
 嬉しいような悲しいような(T▽T))

とりあえず、今は家にいる時は、猫たちとほわわわ~んと過ごして、
沢山触って、声掛けて、リラックスを促そうと思います。
[2011/03/28 16:24 ] | うちの猫のこと | コメント(0) | トラックバック(0)
帰郷
先週末、東北道が全線開通するとお客さんに教えられ、
急遽物資を持って、相方帰ることになりました。
(正式発表より若干でも早く教えてもらえた事で、色々動けて大助かりです。
蛇の道はヘビだわ。)
食料品、日用品、水、衣料品、薬等々、
毎日の暮らしを頭に描きながら、買い揃えていきました。
もう、大人買いしまくり。

実家の有る町は、水は井戸が有り、
モノもとりあえず並べば買えない事は無いのですが、
義妹がいる石巻は並ぶ店すら無く、
今家に有るモノがなくなれば、ハイ、それまでぇよな状態で。
一応は避難場所で僅かながら食料品は貰えますが、
上下水道が断水状態の中、飲料水は毎日汲みに行けても、
風呂入れない、トイレどうしよう、洗濯できないから着たきり雀。
みっちもさっちもいかない状態だそうです。

で、相方、昨日の夜遅く、義妹の娘を連れて、
ライトバン満載にして出掛けて行きました。
途中雪に降られ、路面はシャーベット状態になり、
ダメかな~・・・とも思ったそうですが、
何とか6時過ぎには実家にたどり着きました。

途中三箇所のサービスエリアで給油を試みるも、
唯一、一箇所で上限¥2000の給油しか出来ず、
タンクの燃料残り半分。
帰りの分として携行缶は持って行ってますが、
給油しながらの帰路になりそうです。
(かなり厳しいなあ)

石巻にも昼前に着き、無事荷物も渡せて、
やっと肩の荷も下ろせたそうです。
明日一杯ゆっくりして、帰ってくるのですが、
姪っ子のカッコも有るので、何時に出てくるのでしょうねえ。
あと、給油の必要性もあるので、出発時間、思案のしどころです。



[2011/03/26 20:14 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
二週間経ちました。
今日、単身故郷の岩手県宮古市へ帰っていたお客さんが戻って来た。
まだ東北道が開通する前に行ったので、
宇都宮で高速を下ろされ、新潟に出て秋田に上り、奥羽山脈を越え、
岩手の山の中を走り、26時間掛かってたどり着いたそうだ。
途中ガソリンが無くなり掛けたが、何処も彼処も給油の長蛇の列。
並んでいる傍から緊急車両が優先的に給油を受けて行くのを、
コンチクショーと見ていたそうで。
確かに緊急物資や道具、人を乗せているのだけど、
お客さんも物資満載で被災地に向かうワケで、
こちらも緊急車両なんでいっ!て感じ、
決して遊びで乗ってきてるわけじゃあ、あ~りませんよってね。

そして、宮古の街に着くと、待っていたのは想像を絶する光景だったそうだ。
テレビで流しているのなんか全然、比でもないそうで。
余りの酷さで、言葉にも表せないと言っておった。
幸いと言ったら語弊があるのだが、
おそらく亡くなったと思われる肉親は一人。
「多分沖に流されてると思うから、今頃魚のエサだあ~。」
なんて、自虐ネタ言われても、リアクションに困りますよ、お客さん。
でも、そうでも言わなきゃやってられませんよね、お客さん。

やはり被災地では、避難所にいる人たちには何とか物資が届いているのだが、
なまじ家が残っていて、自宅で細々と生きている人たちには、
なかなか食料など手には入らないそうで、
配給、援助が偏ってしまっていると話しておった。
水も無~い、灯油も無い、ガソリンも食料も、日用品も、
無い無い無~い中、被災したその日の朝採れたワカメ、
お土産に頂きました。
震災を免れた幸運のワカメですが、出荷する手立てが無く、
ただ朽ちていくだけ。悲しい・・・。

以上、岩手県は宮古市のお話でした。
[2011/03/25 23:53 ] | 暮らしの窓 | コメント(0) | トラックバック(0)
原因不明です
おみその右目の瞼が閉じなくなってしまいました。
瞬膜までは閉じるのですが、瞼が上手く行っても半分も閉じないのです。
日曜日医者に連れて行ったのですが、そんな話前例が無いとの事。
とりあえず、ビタミン剤、抗生物質などを頂いて、
様子を見るとの事。
今は眼球が乾かないように、保湿をして、
最悪の失明を避けることしか出来ないそうです。

・・・この一週間揺れ続けている地震の悪影響でしょうか。

今日から投薬、点眼を始めたのですが、
ととらより抵抗する~っ!
口開かないし、点眼するとダッシュで逃げてくーっ!
いいよいいよ、私一人が悪者になるよ、だからおとなしく治療させてください。
[2011/03/21 13:08 ] | うちの猫のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
今日はミクシーから引用
義妹一家が石巻にいます。
メディアでようやく一昨日あたりから、
石巻の惨状を伝え始め、
今朝、日テレの羽鳥アナが現地から、
中継をしていましたが、
あんなのウソです。
本当はかなり逼迫しています。
ATMが壊されたり、強奪が起こっていたり、
義妹は、もう地獄だと言っていました。
インフラが途絶え、ガソリンも灯油も尽き掛け、
周りの地域から孤立している石巻地区は、
一刻も早く、空からの救援物資が必要なんです。
どうしてメディアはその事を伝えないのでしょうか。
ビデオレターなどという、お涙頂戴な事をするのも、
視聴率を取れてよいでしょう。
その方たちは本当に感謝してるでしょう。
でも、それは個に対するものであって、
石巻にいる全ての被災者に対するものでは、
決して無いのです。
マスメディアしか足を踏み入れられない、
ある意味特典と言える権利を屈指して、
何故人命を助けようと思わないのでしょうか。

レポート一つに対してもそうです。
すっかり変わってしまった街の中で、
何処で、どちらを向いて取材をしているのか、
一言でもいい、伝えてもらえれば、
被災地から遠く離れた土地勘の無い親類縁者は、
何とか辺りを付けられるのです。
まるで被災者たちの事を第一に考えている振りをして、
その実自分達の番組のことだけを考えている、
マスメディア。
あなた方は最低です。

[2011/03/17 00:33 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
石巻からの生の声
先ほど、石巻の義妹から電話が来ました。
やっと生の声が聞けました。
彼女は海から直ぐの保育所で、
給食のおばちゃんをしています。
津波が来たときは、建物の上部へ逃げて難を逃れました。
生きていたのが奇跡だあ~、と涙ぐんでいました。
首都圏のTVでは、14日辺りからやっと、
石巻の街中を取材してくれはじめましたが、
道が寸断されていて、移動がとても困難だと言っていました。

とにかくインフラが全てパア。
水も給水に頼り、食べ物も残り少なく、
車は有ってもガソリンが無い状態。
農家なので、何とか凌げる状態ですが、
市街の一般家庭はとんでもないそうです。

街の中は混乱・・・いえ、地獄だと言っていました。
ATMは壊されるは、銀行は暴動を恐れてシャッターを開けないはで、
お金が全く下ろせないそうです。
こんな状態なのに、安藤優子キャスターや、
羽鳥アナは平然と光の当たる部分しか報道しない。

被災地の外にいる私たちは、報道から一体何を伝えられているのか、
とても不安になりました。

[2011/03/16 11:09 ] | 花柄おかもち | コメント(0) | トラックバック(0)
うう~ん、よろしくない・・・。
毎晩揺れるので、眠れませ~ん。
今朝もやっとうとうとしたかと思ったら、
東京湾震源の地震です。
ほとんど寝てないまま今日も会社でした。

その後、石巻の義妹家族の無事は分かったものの、
どうしているかは不明で、
同様に相方の実家もどうなってるかも不明。
何とか元気にしていてくれると良いのですが。

ただここで杞憂することが出てきてしまいました。
日付が変わるちょっと前、静岡震源の強い地震発生。
静岡、強い揺れの地震といえば、
東海地震ですよね。
専門家は今まで、三陸沖での地震は、
細かく区分けして予測を立ててましたけど、
いざふたを開けてみたら、今回とてつもなく広範囲での、
災害となってしまいました。
そして段々震源地が下にずれてきての地震が起きて、
今晩の静岡の地震発生。
内陸での地震でしたけど、これから何がどうなるか全く分かりませんから。
東北の地震と関係無くはない、と言っている専門かもいるくらいですから、
関東に住んでいる民としては、覚悟を決めないといけないでしょうねえ。
今までは被災地からは離れた場所として、色々静観してこられましたが、
残念ですがここに来て、
今夜の地震でちょっと考えを変えないといけなくなりました。
最優先の『猫メシ』だけは確保しました。
土曜日に猫砂が届く予定です。
ペットショップで除菌洗浄剤を少し買っておかないと。
人間はどうにでもなるので、まずこやつ等を一番にです。


今日も日常の買い物で、小規模なスーパー一軒と、
同じくドラッグストアー、大規模なドラッグストアーと、
三箇所廻ったのですが、買占めがかなり進んでいました。
お茶漬けやふりかけまで無くなってました。
で、やっぱり野菜、肉、魚はたんまり有るんですよ(笑)
ワタシは今日明日の炊事の為の買い物なので、支障ありませんでしたが。
そしてとってもラッキーだったのは、そろそろ心配していたトイレットペーパーを、
買うことが出来た事。
もう夕方だったのに結構残っていて、助かりました。

このまま買いだめに走ってしまわないようにしたいのですが、
今夜のニュースで、関東においての福島からの放射能物質の量、濃度が、
どれ程までになっているかをやっていました。
同時に屋内に留まるようにとか、出歩くことを良しとしない勧めをしていました。
屋外に出られないとうことは、買いだめに走る人が増えるでしょう。
明日から、また各店舗で、一層の民衆の物品争奪戦が繰り広げられると思うと、
アタマが痛いであります。
[2011/03/16 01:26 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
安否確認
石巻の義妹夫婦の安否が確認やっと取れました。
消防士をしている甥っ子からのメールで、皆無事とのこと。
一人東京に出てきている姪っ子に連絡したら、ホッとしてました。
ワタシ等も脱力だ~。

まだまだ身内、お知り合いの消息が掴めない方々、
がんばってください。
きっと生きてる、絶対大丈夫と信じていてください。
[2011/03/13 17:43 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
無事です。
今日はへたれて家にいた。
そしたら地震です。それもすごい大きい、どんどん大きくなる。
ヤバイ、これはヤバイですよ!
目の前の42インチ薄型テレビを押さえるのが精一杯。
廊下越しに北の部屋からドゴンと大きな音がする。
ダイニングテーブルの上の照明は1.5mくらいのコードでぶる下がってるのだが、
それが円を描くようにグワングワン廻ってる。
一瞬落ちるかな?と不安になる。
食器棚のガラス戸に中の食器がガチャンガチャン当たってる音もしてる。
ホントにこれヤバイです、早く揺れ収まって欲しいっす。
猫の水入れから水がほとんど零れて、
その上に川崎大師のお札が落ちて、びしょびしょになってる。
ワタシのパソコンのモニターが明後日の方向を向いて、
まだ動きを止めてません。
やだよ~、あんまり揺れるんで、酔っちゃいそう。
気持ち悪~っ(×Д×;)

ようやく揺れが収まりましたが、家の中を見渡してうんざりです。
うぅっ、何処から手をつけようか。
テレビが切れる前に震源地は東北・・・と言っていましたが、
東北の何処で地震が有ったら、神奈川でこんなに揺れるっていうのでしょうか。
電気は・・・点きません。
水道は・・・出ますね~。
ガスは・・・とりあえず燃えます。

携帯電話・・・ダメだ繋がらない。
とりあえず、片付けです。
おおーっ!すんげぇっ!!
42インチテレビ、本体は押さえ通しましたが、
台が動いてました(苦笑)恐ろしか~。

そうこうしているうちに相方から電話来ました。
えっ?ラジオ?あっハイハイ、ラジオラジオ。
手回し発電のラジオが有りますよ~。
・・・寝室に置いてある小型ブラウン管テレビが、
ぶっ飛んでベッドの上に鎮座ましましてる(恐)


電気は揺れが大きくなって直ぐに切れてしまった。
多分水もそのうち出なくなるので、バスタブに汲み置くことに。
明るいうちに洗い物と、猫トイレの掃除、
自分の顔もついでに洗う(笑)
後は徐々に寒く、暗くなっていく家の中で、
さて、何をしたらよいのか。

こういう時、携帯メールは便利ですね。
関西の友人にメールしたり、
相方との連絡は全てメールでと、
活躍してくれました。
ただ、パケットもかなり制限されたようで、
メール届かなかったり、遅れたり。

夜相方が帰ってきて、二人で乗用車のところまで行きました。
車にテレビ付いてますんで。
そこで、今日地震発生以来初めて、目で惨状を確認出来ました。
やっぱ目からの情報は、大きいですね。
小一時間ほど見てから、家に帰り、
ランタンに乾電池を仕込んで、夕飯を食べていると、
午後9時過ぎに、電気復旧~♪
やっと瞳孔カッと見開かなくて済むようになり、
楽になりました。
(瞳孔全開は緊張するので疲れるであります。)

相方の実家、ほぼ震度7の地域なので、
とても心配しましたが、明るいうちに安否が確認できて、
良かったです。
ただ、石巻市に嫁いでいる義妹と連絡が深夜になっても取れず、
心配は尽きません。
津波の影響は無いところに住んではいるのですが、
早く元気な声、聞きたいです。


[2011/03/12 02:16 ] | とろ仲日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
分かる人は分かる
コレが無性に欲しい。
[2011/03/11 02:20 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
ギャラリー猫町須永みいしゃ展
栃木県益子町の作家さん、須永みいしゃさんが、
東京は谷中に有る『ギャラリー猫町』で、3月3日よろ13日まで個展を開いています。
(前期3月3日~3月6日後期3月10日~13日)
6日の日曜日にワタクシ行って参りました。
初めての谷中!、初めてのギャラリー猫町!!もうワクワクです。

       20110307_17-mini.jpg

       見づらいですが、階段脇に沿って猫!が並んでいます。



       
       20110307_25-mini.jpg

       個展初日が桃の節句とあって、みいしゃさんも雛人形用意してました。


       
       
       20110307_26-mini.jpg

       こちらはサイズ小、上は大です。




       20110307_29-mini.jpg
       猫といえばやっぱねずみ(?)




       20110307_30-mini.jpg


       20110307_31-mini.jpg


       大きな作品も沢山ありました。↑下の猫はオーダー作品で、
       ワタシが行った日、丁度主さんがいらしていて、
       その出来栄えに感激しておられました。



       20110307_33-mini.jpg

       この作品は来る福招き猫展の作品です。
       背中にフランスパンと“ニャンペリ”を背負ってます(^^;)



       20110307_24-mini.jpg

       この猫は目が語ってますでしょ?題目は「いらっしゃいませ。」だそうです。




       20110307_32-mini.jpg

       今回の個展のDMにも載っている、『ツーリスト猫』です。
       前列真ん中のコは手に「ろろぶ」を持っています(笑)




       20110307_28-mini.jpg

       ねこ展でしたが、ツーリストだワン!もいました。



       20110307_27-mini.jpg

やっぱりみいしゃさんのワンコ、最高にかわいいです(^^;)



       20110307_23-mini.jpg

       天使猫だそうです。お願いが叶うまで、
       一緒にずっとお願いしてくれるそうです。



       20110307_44-mini.jpg

       20110307_1-mini.jpg

       ということで、ワタシも一人連れて帰ってきました。
       毎日一緒にお願いしてなのねん。




       20110307_35-mini.jpg

       20110307_38-mini.jpg

       20110307_34-mini.jpg

       
チビ猫たちも沢山いました。
うぅっ・・・相変わらず細かい細工だ。
かわいい、おっきくてもちっさくても、かわいい~♪


そんなこんなであっという間に時間が経ってしまった日曜日でした。
後半3月10日木曜日からは、新しいにゃんこも加わります。
お時間有る方は、どぞ谷中まで。
ギャラリーの帰りには、谷中銀座でぶらりを満喫してください。

[2011/03/07 18:11 ] | 暮らしの窓 | コメント(0) | トラックバック(0)
何となく続いてます
歩こう歩こうワタシは今日も元気~♪・・・に、
歩いたら、筋肉痛(^^;)だははは・・・。
どういう訳か、全身筋肉痛なんです。
おまけに疲れて、今夜は早々に一度寝てしまいました。

あれから距離は色々ですが、歩き、続いてます。
会社まで歩けない日は、駅まで20分とか。

今日は出先へ40分(4km超)、
所要を済ませ、会社まで30分(3km)弱。
これは明らかに歩きすぎですな、
お尻の筋肉痛くなるの当たり前ですわ(^▽^;)
でも、この寒い時期に、風を切って歩くととても気持ちがいいです。
ダウンジャケット、脱いで歩いてます。
それっくらい、身体温まりますから、かなり血行が良くなりますね。
これからも、飽きずに歩いていきたいです。
あ~、でも、4月の終わりで一旦考え直さないといけないかも。
暑くなったら、どうしましょうね~。
[2011/03/06 03:31 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
えっさっさっ。
このところず~っと気になっている運動不足。
けど、どうにもビリーを再開する気になれず、部屋の隅ではあるが、
目に留まる場所に置いてあるビリーズバンドやDVDを横目に見て、
暮らしておりました。
でも、これじゃいけないのよね~と、夜、サイクルマシーン漕いだりしてたんですが、
シャッシャッシャッシャッて漕いでると、
おみそが来て自転車に乗ってくる(笑)
足で蹴ってしまうのではないかと、とっても心配で、
とっても落ち着かない。

んで、いきなりなんですが、長い距離を速歩してみることにした。
背中丸めてだらだら歩いても意味無いので、
下腹に力が入るようなしゃんとした歩きを、
長い時間してみることにした。

で、相方が先日、自宅から会社まで走った(途中何度も歩きは入るが)のを参考に、
わたしゃどれくらいで会社まで行けるか、
今日試してみたのよ~ん。

相方は40分弱で到着したという。
なら、それ以上は掛かるでしょう。
出来れば1時間は切りたいので、なるべくアップダウンを避けるコースを、
そして、ちゃんと歩道が有る道を頭に思い描きながら、
出発だーっ。

ここ横浜北部は結構山坂有るので、全くの平坦な道だけではたどり着けなかったけど、
(会社自体が山の中腹ですわ)
50分で歩ききりました。
しかし途中の国道246沿いの歩道は、とても狭くまた道がバイパス化していて、
トレーラーなどがガンガン飛ばして来るので、
怖いのなんのって(^^;)
でも、なんかクセになりそうな、徒歩通勤でした。
ちなみに歩いた距離は約4.5km。
いい有酸素運動でした。

[2011/03/02 02:54 ] | とろ仲日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。