スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
四十路の二人
あれ、首都圏は今日梅雨明けとな。
明日からいよいよ暑い夏が始まるんだね~。
でもここ横浜北部、今とってもいい風吹いてます。
北からの風で、乾いていてとっても気持ちがいい。
こんなんで、梅雨明け夏本番なんですか?
まさか冷夏?
って喜ばせておいて、実話猛暑になったりして。

今日は昼、伸びきった髪の毛を刈りに行ってから、
そのまま銀座M坂屋へ。
かなやまひろさんの展示会です。
去年に続いて今年二回目となる会場です。
となりでは中元解体セールが賑わっとりました。
(中元商品が売れ残って解体されて売られる世の中になったんだね~。)

四十路というのは、三十路時代とは違って趣が全然違うんだね~、
等と作品の話よりも、生き方やら身辺の変化などで色々有った事やら、
そんなんがほぼ九割近くで、まるで商店街で立ち話をしとるおばちゃんのよう。
でも、まあこれからの製作やら方向性やら、作家としての行く末にも係わった話にもなっていたんで、
全く関係ない話をしたわけでは無いのですが(^^;)

やっぱり私らのような商人と違って、感性が大事なお仕事(作品の製作を“仕事”とだけに限定する気は無いが)。
人との関わり、時間の流れ、その他諸々が作品に反映されていくので、
“山”は山なりに、“谷”は谷なりに、柔軟な心で受け止め時には流して、
行きたい(生きたい)よね~、と話して来たんだが。
二十代、三十代と違って、四十路を越えるとちょっと生きる(歩く)スピードが落ちる。
高速道路から一般道へ降りた感じかな。
色々な面で無理が利かなくなったり、“大人”としての質も問われる事が多くなったり、
(二十も三十ももちろん大人だけど、重みが全然違うのさ)
偶然二人とも子供無しの既婚者という共通の立場であるので、感じる事も似通ってきているところも有り。
この年齢で子供がいたら丁度思春期くらいだろうか。
親がそろそろ子供に振り回され始める頃だと思うが、それはそれでもっと質の重さを問われる場面も多いだろうと思う。
この場合“大人”というよりも、“親”としての質の問題になるとおもうけどね。
私等のような立場だと一個人としての質を問われるので、それぞれを比べるのは意味が無いことなのだが、
丁度生きてる中での大きなターニングポイントの一つに、立っているのだろうね。
自分がしてきたことや、今係わっている事、これからして行きたいと考えている事が、
「運命」やら「必然」やら、「使命」やら等というものが引っ付いてくるような錯覚とかに襲われがちなった年齢に、
「こういう時に、変な団体とか宗教関係とかに引っかからないようにしないと。こんな妙なモノが気持ちの上に乗っかっている時って、アブナイよね~。」
と、最近また世の中を騒がせている事件にも話が及ぶ、四十路はまた用心深いお年頃でもあるのです。


スポンサーサイト
[2006/07/30 23:08 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
マッドドクターY
昨夜風呂場で、右肘をタオル掛けにおもいっきし打ち付けてしまい、しばらく頭に両手をあてがったまま動けなかったあ~。
頭洗ってた時でよ~ォ。
こんな感じ <(T―T)>

でそんな次の日に限って院長のとこに行かれなかった。
もう既に患部がどこかは知っている院長は、もうそこを押して確認するなどという越権行為はせなんだが、
低周波の治療器でちょこちょこイジメるので、気が抜けない。
先日は隣に座っていた爺さんが、
「先生、ワシのはどのくらい強いんだね。」
(低周波のボリュームの強さを聞いていたのじゃ)
「そんな強くはないよ、えっとね・・・」
その時丁度アタシの腕に低周波を当てるために端末を巻くとこだった院長の動向に殺気を感じ、とっさに眼を飛ばし、
「先生、アタシで低周波の強弱の見本を見せるなんてしないでしょうねえ~。」
と釘を刺したのだったが、院長は、
「あっはっは~ぁ。」
と笑っていたから、アブナイとこだったにちまいない。

あ~でも、明日は午後2時までなんで、絶対行かんとなぁ。
なんやかんや言っても、丁度ええ加減の低周波治療は、気持ちええんだわあ(^□^;)

[2006/07/29 00:14 ] | 闘病日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
右腕が不自由になると、生活全般が壊滅状態になってしまった~い。
歯磨き、髪の手入れなど身の回りのことから、家事全般、ああ~っウザイのよ、この包帯と当て紙が、全ての自由を奪っていくのよ。

「先生~、何やっても痛いよー。」
と言うと先生は、
「んじゃ、動かさんようにな、これで、こうやって固定して。」
とデッカイ巻きの包帯と当て紙を出してきて、グルグル巻いたのさ。
したらなんか簡易ギブスの様になっちゃって、もうなんも出来ん。
台所仕事は半分諦めた、しかし夕ゴハンを食べる事は諦められねえ。
そして洗濯物を片付けるのに1時間も掛かってしもて、
遂にキレた。
せっかくのご好意だったが、大リーグボール養成ギブスを投げ捨てて、
残りの家事を片付けて、風呂入って、寝たよォ。
けど、やっぱ次の朝はイタイ・・・。
あ~、ちょっと痛めたくらいだったのに、市販の貼り薬でごまかしていないで、はやく医者に行くんであった。

でもさ、院長先生は、
「ここか?痛いのは。」
と言って患部を指で押すんだ。
「そう、そこ、そこ痛い。」
と言うと嬉しそうに、
「そうかあ、ここが痛いんだな、ここが。」
ともっとグイグイ押してくる。
こじらせて痛みが強い時は、涙が滲むほど痛い。
くそ、このヤブめ、いつか仕返しをしてやるんだ。
と毎回思っても、長い付き合いの馴染み患者。それでも行っちゃうのよね。
でもな、痛いものは、痛いんじゃっ!なので、一度お礼を差し上げたい物ですな、はっはっはっ。何が一番効くかなあ~あのヤブ院長にゃあ。
[2006/07/28 02:00 ] | 闘病日誌 | コメント(3) | トラックバック(0)
やっと梅雨明けに目処ができたか・・・
先月は、お別れ月間だったのだが、
今月はお怪我月間であったらしい。

うえ~ん、右肘が痛いよォ(TT)
知らない間に痛めてらしい・・・。
どうやら、指から伸びる筋肉を傷めたらしく、指でつまんでなんて作業がツライ。
だから25kgの丸釘大箱とか、よいしょっと持てるけど、
その醤油ちょっと取ってがとっても痛い(^^;)
タオルなんかも絞れないっす。
どうも捻り系もイカンらしい。
接骨院に当分通うことになりそうっす。
このクソ暑いのに、右腕に包帯は、う~ん、やっぱ暑いなあ。
それに車に乗るんで、窓からの日焼け、妙な焼け方をしないように日焼け止めは必須。

で、お怪我月間ということで、友人も怪我人に。
こちらは、派手よ。
駅前をルンルン気分で小走りしてたら、けっ躓いて縁石に膝蹴り食らわしてしもうて、皿割って、全治うんヶ月の重症でえっす。
やっと4週間経ってギブスが取れたけど、まだ松葉くんの介助は必要で、ヒョコヒョコ歩いとります。
しかし試練が、彼女を襲うのであ~る。
8月義母の新盆の為北海道へ行かなければならなく・・・。
長男の嫁はキビシーッ(。。;)
寺で読経中唯一足投げ出し~の、後寄っ掛かり~のを許されることを約束し、
来月飛行機で渡蝦夷。もち、松葉くんも一緒。

友人のご主人曰く、
「諭吉握り締めてニコニコで出かけていって、ギブスで帰ってきた。お前は何しに行ったんだ。」

せっかくお小遣いってご主人がくれた諭吉くんでしたが、治療費とタクシー代で消えうせました、と。
でも来年の医療費控除の請求で絶対取り戻す!と張り切ってはおったな。
沢山領収書溜めてね。
薬局で買う風邪薬や胃腸薬も大丈夫らしよ、でも栄養剤は×ね。
あくまでも治療に必要な薬だけ。
がんばって、取り戻してね~、アナタは扶養家族だから戻りもデカイはずよ~(^^)/~~~
[2006/07/27 03:20 ] | 闘病日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
昨夜の虻は今日帰宅後早々に退治し、
今夜はゴルフも無いし、ゆっくり寝られそうでっす。
明日は、ちょっと早起きで出社の予定ゆえ、今日はもう絶対早く寝なくちゃならねえ。
なのに、目が冴えてしまってギンギン。
『明日の朝早く起きなければならない』
という呪縛に囚われ、緊張はいりましたかいのう。
仕方が無い。こういう時はとりあえず寝っ転がって、細かい活字でも眺めていれば、きっといつかは寝られるとは思うんだが。
う~ん、とりあえず寝るべ。
[2006/07/25 00:41 ] | 暮らしの窓 | コメント(0) | トラックバック(0)
今夜は眠れないかも
全英オープン最終日に釘付けでいるんだが、
洗濯物も干せたし、そろそろ寝っ転がって見ようかと思っていたら、
でっかいアブが入り込んでしまったよ。
何とか追い出そうとしたんだが、結局見失ってしまった・・・。(・・;)
タイガーが二連覇を果たした今も、行方不明だ。
狭い家なのに、一体何処に行ったのか。
あぁ、タイガーが泣いている。
アタシも泣いている。
今夜はどうやって寝ようか。
これじゃあ寝られんよォ。
[2006/07/24 02:20 ] | とろ仲日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
しばらく甲子園で出来ないわね、タイガース。
あっちこっちで熱戦です、甲子園への切符取り。
もう“取り”じゃなくて“獲り”でしょ~なあ~本人たちは。
で、我が母校、1回戦で終わりました今年。
悲しいですね~こういうの。
公立校なので切符は期待してはおりませんが、2回か3回は勝ってほしかったなあ~。
わざわざ横須賀まで行って負けてくるとは、とほほほ・・・。
でも神奈川県って200校近く有るんで、優勝するまで7、8回試合するんです。
日本有数の激戦県であります。
隣の東京が羨ましいっすよ。神奈川も島のひとつや二つ持ってればねえ~、
東と西に分けて出場ってのも、有りなのかもしれないんだけど(^^;)
で、下のは共に母校が1回戦負けした夫婦の犬も食わない会話一部です。


「北高さあ~・・・1回戦で負けちゃった。」
と言うと、ちろっと振り返って、
「ふう~ん♪」
とか言ってなんかイヤな感じだったんで、ついでにヤツの母校の結果も教えてやりました。
「佐高さあ~1回戦で負けてたよ~。」
すると嫌そ~な顔で振り向いて一言。
「もうボールやんない、あいつ等には。」
この『あいつ等』とは、実話我が母校の野球部の事。
ほぼ毎週日曜日、朝連でグラウンドを借りているブーやんのソフトボール部。
お礼に、硬式球やドリンクを毎年差し入れしてます。

っま、いたいけな高校球児に何て事をっ(爆)

あちらの県も東北か育英で決まりなんで、やっぱ期待とかはしてないんですけど、ひとっつも勝てないのは、野球部OBとして大変残念ではありましょうけど。
今年の盆は、帰省してOB会、たまには出てみる~ぅ?
[2006/07/23 00:03 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
おばさんは、ラクを求めてはイカンぞ。
ああ~今日も涼しかった。ウレシイ~♪
このぐらいの気温なら、湿度が高くても活動するのに苦じゃないわ。
倉庫の片付けも、ホントラク。
毎日搬入と搬出を繰り返す倉庫。
でっかいブツが届けられると、うちのミニマム倉庫は人一人の出入りも楽じゃない。
コマめなお片づけは必須ぅ!
蚊と戦いながらも、どんどん片付いていく倉庫。
こういうお片づけはスキです、ワタシ。
要るモノと、要らないモノがはっきりしているので、悩まずに済むからグーです。

自宅もこういう感じで片付いていってくれたら、どんなにラクか(T▽T)
実話未だに明快に衣替えが済んでいないんです、我が家。
とりあえず、日常の仕事着はあえて仕舞わずに、いつでも気候に対応できるようにと身近なところに仕舞うんで、お出掛けだとか旅行が無い限りその他の洋服は仕舞いこんだまんま。

・・・てことは、要らないんだなきっと(^^;)

そう言えば、毎年買い換えている衣類は、皆日常着てヨレヨレになった仕事着だもんなあ。
なんか、実も心も体育会系ィ。それってお出掛け着がジャージってヤツかい?

マズいですよ、やっぱそれはマズいでしょう~(ーー;)


肩越しに背後霊のようなモノが何か言うとる(^^;)
とりあえず、明日の駐車場駐車位置選定には、なんか見繕って行くだすね。
まずは、はじめの一歩をちょこっと。
[2006/07/22 23:20 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
老いて益々
今晩は懐かしい特番をやっていたよ、ここ首都圏一帯。
ホンモノのムツゴロウさんだよ。
ムチャゴロウさんじゃないよ、ホンモノだよ~。
変わらない変わらない、このオジサンずっと変わらない不思議な人だね~と思って見ていたら、
途中20年前の映像が出てきて、やっぱりそれなりに歳は取ったんだなと、妙な納得もしたりして、
そのうち番組もお終いになっちゃったんだけど。
あぁ、いるんだねえ~、犬との付き合い方を知らずに買って(飼って)しまった人たちって。

犬との散歩、無言で歩くだけってええええ?
つまらなくないんか?ただうろうろするだけって。
犬もつまらんから、そのへんグルグルして直ぐ帰っちゃうってよ、当たり前だよなあ。

噛み癖が有って触れない、家の中でいつも緊張している犬と飼主。
一番濃いテリトリー内で、緊張の連続って、疲れるでしょうお互い。

犬といると楽しくないかえ?
アタシは楽しくってしょうがないよ、たとえ猫でも。
よっぽど気合入れて眠りたい以外は、猫sは人の傍にきているから、
手とか足とかで触ってたりするよ。
目が合えば離しかけてみたり、じゃれてくれば手を止めてちょっと構ってやったりとかね。
犬だったら、多分もっとアクション多くなると思う。
だって、面白いもん。楽しいもん。
可愛いから逆にかまい過ぎるのを案じて、我慢しちゃうくらいなんだけど。
犬は猫と違って、明らかに『嬉しい』とか『楽しい』とか『もっともっと』とか顔に出るから、遊ぶと楽しいんだけどね~。
猫はね、遊ぶ=狩り疑似体験になってるんで、猫が集中すればするほど、
人は恐くて引いちゃうところが有るんだけど、どうでしょか?猫飼いの皆様。
猫はまったりしていてくれると、一緒に人様もまったりしたくなって、やらなければならない事柄を後回しにしてでも実行しちゃって、
後でどっぷり後悔に浸るんだけど、またやるんだよね、一緒にまったり。

番組内で『困ったちゃんな犬』の飼主として紹介された人たちって、
どんなビジョンで犬を飼う事を決めるんだろうかと、ちょっと疑問が浮かんで来た。
仔犬はかわいい、掛け値なしにかわいい。
でも必ず短期間で成犬になる。そして歳を重ねていく。
かわいい盛りの仔犬時代なんか、犬の一生から見ればほんの僅かな期間だけだ。
きちんと飼育していかなければ、大きい犬の場合アルファー症候群ってやつで、飼主はこっぴどい目に合うだろうし、
小型犬だって、もちろん噛まれれば痛いし、。
第一雄犬だってリボン着けられたら雌犬と区別が着かなくなるような可愛い容姿で、歯をむき出しにされて唸られたりするのは、解せないぜ。
飼う前に、どんな犬とどんな暮らしをしたいのかの最低限のビジョンさえ持っていれば、今の時代いくらだって相談先は有りそうなものだし、飼いきれなくなってスミマセンがという落伍者もある程度いなくなると思うのだが。
(注釈:飼いきれない理由は一杯有りますんで、一概に全てを落伍者と表現するのは良くないのですが)
どの犬もきちんと接してやれば(的確な対応をしてやれば)、別に何も問題の無い普通の犬だとムツゴロウさんは言っていたが、
「あれはムツゴロウさんが指導してくれたからですよ。」
と見ている人もきっといるんだろうなあ。

でもね、途中で人と犬との間の絆もしっかりやってましたね。
一対で作業をする犬と人。
パートナーに代わってムツゴロウさんがリードを持ち命令を下すと、
あのムツゴロウさんが、唸られましたさ。
そしてイヤイヤ側歩させられた挙句、自分のパートナーに向かって、
要求吼えをいたしましたよこの犬は。
「何でこんなヤツと一緒に行動させるんだ。相棒はアンタだけだ!」
とワタシには聞こえたんだけど。
犬ってすばらしいわ。もちろん猫も言うまでも無いけどね。

[2006/07/19 01:15 ] | ケダモノご一行様 | コメント(2) | トラックバック(0)
あまりにも・・・
事務所の近くを走るR2○6。
この道路沿いに某マンションが建っている。
元はと言えば、何十年もずっと横浜Tペットの店舗だったのだが、数年前に建て替えられ、
1階に引き続き入居していたのだが、少し前に移転してしまった。
会社の都合ってヤツね。
で、しばら~く空いていたスペースに最近次のテナントが決まり目出度く開店~♪
それはお墓の大○屋のキレイなショールームだったった。
今どきの仏さま関係も随分オシャレに変わって、とても仏壇屋とは思えない明るさ。
でもここで問題が。
実話2階に、デイサービスが入っているんだ、ここのマンション。

うわ~~~あ、ぶらっくうぅ。
[2006/07/15 00:11 ] | 巷を車窓から | コメント(0) | トラックバック(0)
・・・これって、アレかい?
しんのすけがいなくなってもうひと月半。
なのに、相変わらず小屋の残骸をそのままにしておく隣家。
鎖もフェンスに引っ掛かったまんま。
早よ、片付けえよ(ーー;)
んと、だらしがないわなあ。
いくらキレイなバラをわんさか咲かしても、
その残骸が全てを台無しにしとるっちゅうことを、
全然分からんらしい。
相変わらず、顔を合わせてもこちらから挨拶しんと、
なんも言わんでそのまんまや。
ええねんけどな、周りとお付き合いしたあないっちゅう気でおるんやったら、
それでもええねんけどな。
それで世の中済めば、万々歳やわ。

で、ジュニア。
今度はホッケーやりだしたわ。
しかも親も一緒になってやっとるとこ見ると、
なんや犬がいなくなって、寂しい気持ちをごまかしとるように見えて、
しかたがないんやけど、これってアタシの僻みやろか。
そうやって問題の核心に触れずに、何か新しい事柄で茶あ濁すような事繰り返して行くんやろなあ、この家族はこの先もずっと。

犬を飼いたい亭主と、犬を飼えない状態の妻。それを見ている子供。
人の親やったら、何処に問題が有って、どないしたら解決に結びつけていかれるか考えないかんと思う。
それを、自分の欲を押し通したもんやから、みんな傷ついたんや。
犬も、子供も、カミさんも。
一番のとばっちりを受けたんは、自分が“飼いたい”と我がまま通した犬やがな。
向こうで普通の暮らしが出来てたら、ほんまにええねんけどなあ。

で、結局残骸をそのままにしていても、なんも感じないもんはその通りで、
嫌な思いをいくらしても、何も学習せんし、せんから反省もしんわ。
うちんとこは宝くじ1等が当らんかぎり、ずっとここにおらなアカンから、
この先10年も20年もお隣同士やと思うと、はあ~、やりきれんわ。
あんまし、お付き合いしたあない人たちやわ。
ジュニアもどんな大人になって行くんか心配やけど、
ジュニアを訪ねてわざわざあの家の玄関を叩く気にもならんし、
叩かれても、あの奥さん、困るわなあ~(^^;)

隣のあの子はどないしとるんやろか?
どないに思うとるんやろか?

ワタシは時々、やっぱり泣いてしまうん。
お風呂とか、掃除とか、頭ん中でなんも考える必要が無い時、
空っぽの頭に一杯にしんのすけが膨らんでもうて。
家におる猫sに悪いなあ~思うけど、やっぱりしんのすけとは繋がってしもたから、姿が見えないんは寂しいもんなあ。
自分とこの犬やないのに、ペットロスかあ?(_ _;)
けどほんまに、ええコやったもん。
大犬が苦手なはずのブーやんも、ええコやったって、話が出ると必ず言うん。
今度の飼主は、しんちゃんのええとこ、一杯見つけて欲しいわあ。
[2006/07/12 23:52 ] | ケダモノご一行様 | コメント(2) | トラックバック(0)
こんにちわ赤ちゃん
若い頃から家族ぐるみでお付き合いさしてもろてる友人一家(ブースカ氏のご友人一家)に、赤ちゃん誕生~♪
なもんで、今日面会に行ってきた。
なんせ、若い頃から知ってるものですからあ、
「おお、ちみもパパになったんだねえ。オイ、大丈夫かあ~。」
と感激一入、不安一杯(爆)
でも、奥さんがしっかりしてるから、大丈夫かなあ(?▽?;)

この病院を訪れるのは実に42年ぶり。
そう、ここでワタシは生まれたの。まあ奇遇。
(しかし、最近建て替えられて、すんばらしくキレイよ病棟は)
しかも奥さんとアタクシ、ファースト・ネームがご一緒。
生まれた坊やの体重や、予定日より早く生まれた日数もほぼ一緒。
笑っちゃったのは、今日のブースカ氏の服装と友人(旦那)の格好も一緒。
短パンに、アロハ系のシャツ。で足元はサンダル。
ちょっと背筋が寒くなったことは、ブーやんの使ってる携帯があちらの奥様のと全く一緒。
で、アタシの使ってる携帯が、あちらの旦那とほぼ一緒。
なんか、前世で有ったんじゃないかって。
こんなに長く深く親しくお付き合いできる事も、
結構ふかあ~い因縁が有るのかもしんなあい。
そうそう、旦那二人、そろそろ頭髪がヤバイのも一緒だった(爆)
続きを読む
[2006/07/10 00:54 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
水掻きはスイマーの証
丙さん宅のジャーマンポインターLちゃんは、
やっぱり水掻きが有る犬だった。
撃ち落とされた水鳥の回収もする猟犬だから、もしやと思っていたらやっぱり持ってた。
しかも“レトリーバー”のしんのすけが持つそれより、立派で大きな水掻きだった。
指長~っい♪
Lちゃんを海で泳がしてみるのも、結構面白そうだ。

日曜日、夏の陣の後丙さん宅にお呼ばれして、あれよあれよという間に、酔っぱらい一丁出来上がりですだ。
Tさんも一緒にお呼ばれして、しんのすけ奄美移住一ヶ月記念の酒盛りですだ。
あれやこれや出るわ出るわ、しんちゃん絡みの話は尽きる事はない。
で、結局奄美大島へ皆で行こーっ!というとこに、その都度落ち着くのである(^^;)
でも、何処にいるんでしょうねえ~、ロミオは。
奄美大島って、島デケェし、周りに一杯島有るし、このまま行っても会える可能性は、無いんだけどさ。
この目で、この肌で、ロミオが感じているものをアタシも感じたいだけなの。
ジュニアから聞いた話が、ガセでないっていう証拠だって無いんだけど、
今はどうしても確認作業をする気になれず、心の隅に不安と猜疑を持ち続けているんだが。
あの話が本当で、ロミオは新しい家族に暖かく迎えられ、
それも室内飼いで快適過ごしていて、
今目の前にいる元浮浪犬であったLちゃんみたいに、
生まれた時からここにいます的な穏やかな瞳でいるのであれば、
あえて波風立てたくないのは言うまでも無く。

写真一枚でも有ればね、全て解決してしまう思い過ごしなんですがね~。

それにしても、奄美大島。今はかなり暑いだろうなあ~。
どうせ行くなら、秋の少し楽な気温になってから、
Lちゃんも一緒に、皆で南の海を楽しめたらいいなあ。
[2006/07/04 22:58 ] | ケダモノご一行様 | コメント(0) | トラックバック(0)
夏の陣
あ゛あ゛~、あづい。
空気が濁っとるのが、よくわかるぅ~。
あまりの湿気の高さに、なんか空気を掻き分けられるような錯覚さえ覚えてしまう~。

日曜日、今年最初で最後の夏の陣。朝から出陣。
すっかりしんのすけに骨抜きにされた今のワタシにとって、
目新しい物も、珍しい物も見つからず、宛も無く建物内を彷徨う。
のはずが、夏の定番エスニックのアッパッパ~に、妙な執着を覚えてしまう。
なんせ最終日なもんで、3割4割引きは当たり前。半額だって珍しくない。
ましてやどこもアパレルの問屋さん、輸入雑貨屋さん。
今年のブツを今売らねば何時売るのじゃっ!
声枯らして叫ぶ、踊る!
「二枚で1000え~ん!」
「今からこのラックの物は値札に関係なく500え~ん!」
最近亜熱帯気味な夏の日本では、インド辺りの服飾雑貨が大変快適。
寝巻き代わりに着て寝れば、夜中地震が来たって恐くない。
そのまま猫を抱えて飛び出しても、あら不思議、立派な外着に見えますだ。
生地が薄くたって濃いいーっ色柄だから大丈夫。
昼間着れば心はバカンス、ここは見知らぬリゾート地。
いつもの地の厚いGパンが、まるで鎧のように思えちゃう。
ましてやそれが1000えん500えんなんだもの、最高だっちゃ。
洗濯時のすんげェ色落ちなんか、色落ちなんか・・・。
ええ~っい!いちいち手洗いだけど、へっちゃらさ。
[2006/07/04 22:39 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
汗、かいてますか~?
この時期、冷えすぎた室内で泣いているのは、銀行員くらいでしょか?
それでも、大概通勤で一汗くらい皆かいてますよね、汗。
我社は、みんな五汗くらいかいてますなあ~。
伝票が、なんか湿っぽいぞ(笑)
着替えても着替えても、おっつかね~。
飲んでも飲んでも、まだ足りねェ~。
夕飯のビールが美味いっしょ、ブースカさんや。
明日は、雨が上がった後、蒸すそうです。
あ~あ~、蒸し蒸しだってさ。
明日も着替えと、タオルと山のように持って行かねば。
あと、3ヶ月はこういう日が続くと思うと、
いっそマチャのような髪型にすると少しは涼しいかなと、
錯覚さえ覚えてしまうま(^^;)
[2006/07/01 00:39 ] | 商人んのつぼやき | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。