スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
(°▽°;)
昨日午後ブーやんの妹の夫から電話が有った。
「29日の夜、そっちに行きたいんですけど。」
彼らは宮城の海岸沿いの街に暮らしている。
本当はクリスマス三連休にやってくるはずだったんだが、
諸事情から取りやめになり、また今度ね~、な話で終わったはずだったんだが。
家族四人、東京見物にやって来る(既に決定稿である)そうで、
29日の晩に着いて、31日の朝帰るそうである。
・・・何かの冗談かと思ったが、本当の本当に来るそうである。
仕事は今日までであったが、明日も明後日もちょこちょこっと用事は有るんだ。
その合間を縫って暮の大仕事を片付ける心積もりでいたんだが、
世の中そうは問屋は卸してくれないらしい。

なんで、急に・・・、決めやがってよぉ・・・。
年賀状、あて先と絵だけでコメント入れてないんでこれじゃあ出せないんですけどぉ・・・。
今日は早朝からブーやん接待ゴルフでお出掛けなんですけどぉ・・・。

時間が経てば経つほどに、腹も立って、来るんだなあ、これが。
普段はそんなにモラルの隔たりは感じないんだが、
時々、
住環境の違いからの絶対的な距離を感じてしまうま(-_-;)

あ~夜が明けたら、あれは冗談だよおと、笑って許してほじィ。
神様~(T▽T)

スポンサーサイト
[2005/12/29 01:37 ] | とろ仲日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
没?個性
血統証保持と雑種の一番の違いは、設計図が有るか無いかの違いだろう。
前者は物質的にはもちろん、表に出て来にくい性質まである程度予測がつく。が、後者は全く予測がつかない。
見た目、寿命はなんとか予想できたとしても、性質、性格となると毎日の接触で推し量るか、作り上げていくしかない。
向き不向きも当然分かりづらい。
っなんて当たり前の事なんだが、人気犬種なるものが集中するようになってから、
その図式が崩れ始めているのも最近は当たり前になってきてるので、
そろそろこれも遅れた常識にもなっている。
乱交配によるスタンダードの崩壊は、肉体的欠陥は元より、犬の性質まで多様化させてしまっているようだ。
続きを読む
[2005/12/23 01:56 ] | ケダモノご一行様 | コメント(0) | トラックバック(0)
この一週間
先週の月曜日、日曜日に馴れない銀座なんぞに出かけるものだから、すんごく疲れた状態で一週間が始まる。

火曜日、久しぶりぶりに歯医者に行き、ずっと中断していた根っこの治療を再開、
一杯薬を詰めてもらって帰ってくると、夜から非常に痛くなる。

水曜日、前夜からの歯の痛みが、天井知らずに増すが、今日は歯医者は休診日。
朝一からやっている薬局を探して放浪する。その後即効性の有る鎮痛剤を購入、薬局の駐車場で服用、しばらくそこでへたれる。5時間ごとに襲ってくる歯痛の為、一日仕事にならない。一日の服用限度を越えて鎮痛剤を飲み耐える。

木曜日、朝一番に歯医者に電話して担当の先生の予約にぶち込んでもらうが、午後四時ごろの予約。
それまで痛みに耐え安静を・・・したいがこういうときに限って仕事にイレギュラーが入りまくる。
朝鎮痛剤を飲んで、その後診療を考えて昼の一錠を控えたが、そういう時に限ってトラックで、しかも遠出となる。
予約時間ギリギリに歯医者に飛び込むが、痛みが酷い為麻酔を掛けてもらう。
が、患部には全く効かない。
地獄のような1時間を過ごし、なみだ目放心状態を皆の前でさらけ出す。
歯科助手に「大丈夫ですか?」と声を掛けられる、何度も、何人にも。
待合室でも他の患者に放心状態をさらけ出し、子供を恐がらせる。
(“ワタシ”に対してでなく、“治療”に対して、恐怖心を与えたんだと思う、・・・思いたいっ。)
どんだけ放心してたかと言うと、会計に呼ばれて顔を向けるもピンとこず、
会計のおねえさんに、ニッコリ微笑まれて名前を呼ばれて始めて反応したくらい、魂を飛ばしまくる。

金曜日、引き続き夕方歯医者予約診療。
前日の幽体離脱を見られていることもあってか、いつも丁寧な応対の皆が、もっと丁寧になっている。
かなり痛みは引くものの、薬を詰め込まれ蓋をされると直ぐにあの猛烈な痛みが襲ってきて、顔が歪む。
アタシが斬った張ったの痛みには極度に強い事を担当医は知っているので、
治療が終わって直ぐ人相が悪くなったアタシを見て、
「薬、外します。」
と再治療開始。
中身の薬を掻き出し、何とか脈打つ激痛から開放される。
しかしまだうっすら残っているので、やっぱり痛い。
週末に備え、出されている薬の服用に指導が入る。


土曜日、午前中歯医者へ。前々日、前日ののた打ち回るような痛みは、
知らずのうちに仕事のミスを誘発していた。
注文を受けて手配したのに、伝票を忘れ、お客に届いていない。
だはあ~、という笑い事にはならず、その現場に結局3回も行く羽目になる。
おしゃれな街『自由が丘』にトラックで作業着を着て行く寂しさよ。

日曜日、延び延びになっていた美容院へ行く。ヘアスタイルに気持ちが行かず、
どうでもよくなっておまかせ、しかも「遊んでいいよ」なんてことまで口走る。
(確か、先月もそうだったような気がする・・・。ちっとマズイんじゃねえか、女としてよぉ。)
午後ブーやんと合流、『ハリーポッターその4』を観る。
う~ん、段々小さい子供には勧められないような内容になってきた。
最後ハリーたちは
どんな大人になっているんだべか?
家で夕食を作るのが面倒だったので、外食のおねだりをしてジャンクフードを食す。

月曜日(12月19日)、あんなに痛かったのがウソのように楽になった。
とは言え、やっぱり完全に“痛み”からは開放されず、頭のどこかでずっと痛みを感ずる。次に予約は水曜日なのでそれまでにはもちっと楽になっていて欲しい。
なんせ痛い患部をグイグイ押して蓋を取り、ゴ~リゴリと治療するので、
もろに痛み患部に直撃。
あの声も出せないくらいの痛みは、もう経験したくは無い、絶対無い。
で、ずっとご無沙汰してしまったダンベルを再開。う~ん・・・かなり辛い。
とりあえず今日から連続5日は続けないと、元に戻らない。
辛いのは最初の3日くらい。(って、半分以上なんだけどよ)

こうやって振り返ってみると、先週は歯は大切週間だったかのよう。
しかし、こんなに酷い痛みを経験させなくとも(一番痛かったのは)
歯が大切であるというのはもう重々承知しておりますです、ハイ。
[2005/12/20 02:04 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
DOG FHIGHT
今日しんちゃんと遊んだ。
思いっきりプロレスした。
玩具で引張りっこもした。
腕にしがみつかれ腰も振られた(^^;)
しんちゃんの顔がとってもラブラドールらしく見えた。
今ちょっと筋肉痛を感じている。
毎日遊べば、相当な運動量になるだろうな。
こりゃあとっても美味しいかもしんない( ̄ー ̄)
[2005/12/07 22:58 ] | ケダモノご一行様 | コメント(2) | トラックバック(0)
加代、おみゃあにやる飯はにゃあだせ!
今日しんちゃんの世話を夫婦仲良くしていたお隣。
どういう風の吹き回しか(?_?)
隣が越してきて10ヶ月、初めて見た光景だった。
ショベルでしんのすけのうんPを拾う継父、それを手伝う継母。
ジュニアは部屋で待機の模様。
軽く片付けて(本腰入れんかいっ)、
「水撒く?」継母
(水撒いて地面洗って、ってその水分はうちの敷地に落ちて来るんかいっ)
「・・・。」継父
(何か応えているらしいが聞こえない)
午後遅く人間のみ外出。

掃除の間中キャンキャン、ブヒブヒと吼えまくるしんのすけ。
何時も誰も小屋の側に近寄っては来ないので、ものすんごく嬉しい♪
しかしなあ、嬉しくて飛びつきそうになるしんのすけを、
蹴りいれる素振りで追い払うなよ、継父。
躾けのテコ入れはそういう時にしっかりやるんだろうがっ。
お前等が躾をするつもりが無いのはよ~く分かった。
バカ犬を作るのは(犬を馬鹿野郎に仕立てるのは)バカ飼主意外誰でもない事も、よ~くよ~く分かったぜ。
続きを読む
[2005/12/04 01:43 ] | ケダモノご一行様 | コメント(0) | トラックバック(0)
季節感
室内で猫を飼っていると日本の『四季』をどうしても感じにくくなってしまうよ、猫sが。
あえて言うなら、もう常春状態、一年中快適設定。
食う寝る遊ぶ、・・・毎日隠居じじィ生活でよくボケないものだよ。

ここんところの日課は日向ぼっこ。
お外生活経験者のととらは日向の有難味をよく知っているのか、
朝から夕方まで窓際で開きになっているらしい。
夜はホットカーペットの上かブーやんの枕占拠(臭くはないのか?(苦笑))
美帆は最近日向の存在を知った(笑)
7歳の冬にしてやっと日向の有難味を知った猫。やっぱ人工保育猫は違うね(^^;)
寒いなと感じると布団に潜り込んで暖を取っていた美帆。
お気に入りの場所は、ベッドの上か、押入れで待機している羽毛布団の上。
今年はそこに窓際が加わりました。
人がいれば「布団+人」が一番いいのだが、そうでない時は日向が一番居心地良いと感じているようであります。
試しに先日一緒に日向で和んでみた。
やっぱ気持ちよかった。布団に包まってうだうだするのもいいが、
窓際で開きになる方がもっと気持ちいい~♪
今度の日曜日はあいにく天気は良く無いらしい。残念だっ。
[2005/12/02 01:05 ] | うちの猫のこと | コメント(2) | トラックバック(0)
多分大丈夫・・・
事件発覚以後、巷に乱立するマンションから目が離せない(^^;)
安さを売りにして建てられた物件の多さから、ここ大丈夫?あそこ大丈夫?
と気になって仕方が無い。
特にバブルが弾けてちょっとした頃から建ちはじめたマンションが、どうしても気になってしまうま。

バブル終焉から早10年。
そろそろ一回目の大規模修繕が始まる頃だ。
(ちなみに我が団地は2回目を近々迎える予定)
ここ港北ニュータウンにも、広大な敷地を持つ高層マンションが多々有るのだが、
昭和50年後半の物件は中低層が多く、バブル以後は高層が大半と、傾向がはっきりと分かれている。
そんなマンションたちがいよいよ一回目の大規模修繕を迎えるのだが、
住民は戦々恐々でいるのでは?と見ている。

高層になると付いて廻るのが「エレベーター」。
これ以外と管理費が掛かる。
共用廊下に玄関が並ぶ物件はまだ良いのだが、
南北等にバルコニーを持つような造りの物件は、多数のエレベーターを持つので、一基に対する住戸の頭割りも少なくなって管理費が割高になってくる。
一ヶ月の管理費&修繕積立金で5万、6万なんて珍しくも無い。
加えて10年に一度の大規模修繕費、予定を越えた見積もりとなると後から一軒に付き10万とか20万とかまとまった集金が有ったりする。

あがぁ~、である。

多分マンション住まいの方々の多くは、自分の住居に対する疑念が生まれてきていると思われる。
早々に確認したい事も山と有るだろう。
構造を検査できる業者は今頃問い合わせ、見積もり等で大忙しだろうねぇ。

続きを読む
[2005/12/01 01:18 ] | 巷を車窓から | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。