スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
これで、どうかな?

やっときちんと入れたみたい。画像も載せられるかな?

出来た♪

これからも上手くいきますように。

スポンサーサイト
[2016/02/24 16:36 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
いっや~ん
暫くご無沙汰してたらパスワード変更してくださいって言われちゃったよ、
だははは~。
このところずっと会社のパソコンで色々遊んでるんで、家での更新が出来てなくって、
写真もアップ出来ず文字のみの日記になって自分でもつまんないな~って、
思ってる毎日で。
ず~っと何にもしてなかったら、パスワードもずっと変えてないから変えてくださいって、
忘れちゃったよ~。


優雨咲くん、順調に育ちまして、生後一年を前にして、既に4.5㎏。
お願い、もうそれ以上大きくならないで。
抱っこ好きなゆうちゃん、抱っこ抱っこ♪は嬉しいけど、
腕が痺れてくるんだよお。
どんだけ成長したかは私をお知りの方、fbで見てやってください。
ちんまい頃はただのクロネコさんだったのが、今は毛が伸びてバッサバサのボッサボサに、
なりましたとさw
[2016/02/24 15:54 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
明けまして・・・

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

相変わらず写真がアップ出来なくてすみません。
写真のサイズがどうしても変えられなくて、四苦八苦しています。
スマホからのアップも出来ず、かわいいおみそや優雨咲の成長ぶりを紹介できないので、
残念でなりません。

この正月、ちょっと風邪をこじらせて、うだうだの寝正月でした。
まあ、猫sがいるのと帰省ラッシュにはまるのがイヤなのとで、
遠出はなかなか出来ない毎年ですが、
それでも具合が悪いのとフツーとでは雲泥の差で、
やっぱりお天気も良かったし近場には行きたかった気持が今頃犇々と・・・。
とりあえず初詣は一月中早めには行きたいと思っています。

[2016/01/05 15:34 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
かなやまひろ 個展
大磯の自宅横のアトリエで、個展が開かれています。
今回は何も縛りの無い、自由な内容の個展です。
大磯の緑の山々から涼しい風がアトリエに吹き込んでくる中、
ナチュラルな優しい作品達が、訪れる人を迎えてくれています。





[2012/07/15 15:13 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
2011秋の益子陶器市 -下-
大変長らくお待たせいたしました。
陶器市お土産編でございます。





20111111_136-mini.jpg
今年は・・・埴輪はやめてオニさんの顔を模った貯金箱にしました。
マッドドクターYはとても喜んでくれまして、
いつも埴輪が置いてある医院の下駄箱の上を、予め気を利かして片付けていてくれて(?)、
そこに収まりました。
ふふ・・・片付けたって、幾らでも買って来るだによん♪






20111111_135-mini.jpg

20111111_125-mini.jpg

20111111_123-mini.jpg
これは、何となく気に入ってしまって、皆へのお土産用に買いました。
そしてそれぞれのところへ、旅立って行きましたとさ。




20111111_158-mini.jpg
このコは仲人さん宅へ行きました。
飼っていたGRのまーちゃんに何処と無く似ていたので、
連れて帰りましたん♪




20111111_129-mini.jpg
これは会社のご近所さんの丙さん宅へ。
ご主人、焼酎のお湯割り愛飲家であります。



20111111_131-mini.jpg
これは知り合いのご夫婦へ。
実話まだ手元にぃ~。なかなか持って行かれない。


20111111_162-mini.jpg

20111111_172-mini.jpg
これは母貞子へのお土産。
耐熱ガラスを使って作ったペンダントトップです。
光が当たるととってもキレイなんですう~。
着ている服の素材や色、そして光の種類でも輝き方が違うので、色々楽しめるですう~。



20111111_159-mini.jpg

20111111_160-mini.jpg
みいしゃさんとこのにゃんこの顔のブローチ。
そして、お座りひつじぃ。
うふっ♪




20111111_145-mini.jpg

20111111_151-mini.jpg

20111111_148-mini.jpg
にゃんこ先生んとこで、ガッツの出るお言葉。
宝くじをお願いする金運にゃんこと、来年の干支ゴールデンなドラゴン。
来年も実の有る年になるといいなあ~。


20111111_128-mini.jpg
相方が自分へのお土産に。 毎年色んな所から色々な作家さんがかまぐれの丘にやって来ますね~。
今年もステキな作品ゲットですよ~。

20111111_137-mini.jpg
外松信彦さんの作品です。
前回買うことができて、今回も有ったらいいな~と思ってたら、有ったですよ~。

20111111_140-mini.jpg
イギリスのスリップ・ウェアという古い時代の陶器を作ってる方が、
今回かまぐれの丘に来ていて、一目惚れで購入しました。
地の厚さが特徴の焼き物なので、若干重たいのですが、
それがまた盛った料理の美味しさを演出してくれるようなお皿です。
そういうところは、緯度が高い地域の焼き物なのでしょうかね~。



※スリップ・ウェアの参考資料にしたURLは、あくまでも参考で、
 作者とは全く関係ありません。


[2011/12/06 02:46 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
エリア・ギャップ
相方の妹の息子、いわゆる甥っ子が彼女と共に石巻からこちらに遊びにやってきた。
一泊二日、車での上京なのでとても忙しい観光。
別に寄らなくてもよかったのに~(^^;)
今日は彼女の友人と横浜で呑んで、湘南に有る友人宅に近いビジネスホテルに泊まり、
明日、新江ノ島水族館を観て帰る予定。
帰路は彼の妹、私たちから見て姪っ子、を拾って石巻に帰る。
最初は姪っ子を都下まで迎えに行く予定だったが、私のいらん一言で、
“えのすい”まで姪っ子を来させる腹つもりになった、甥っ子。
さて、我がまま一杯の姪っ子が何と返答するか、楽しみである。
っていうか、せっかく兄ちゃん来たんだから、たまには協力してやれよな姪っ子。
乗っけてもらってタダで帰るんだしさ。


甥っ子の彼女はうちの相方の実家ととても近くて、
普段の生活ぶりもそう変わらないらしい。
相方がもし地元で暮らしていたら、きっと染まっていた色と同じだと思う。
彼女の家でも猫を飼っているとのことで、アメショーの母親と雑種の間に生まれた猫だという。
その猫が震災のあと四匹の仔猫を産んだそうだ。

ここで、但し書きをしておくが、私は地方に住んでいる人が全て、
“田舎もん”であるとは思っていない。
どんなに過疎に住んでいても、物の考え方捕らえ方は様々で、
私たち都会に住んでいる者より、もっと良い意味で進んでいる人は沢山いることを、
私は重々承知している。
昨今、インターネットによるグローバル化で、家に居ながら世界と簡単に繋がってしまえる日常に、
地域格差が縮まったと確信しているくらいだ。
都会と同じ様な店が出店し、同じ様なモノが手に入り、TV媒体で全国変わらぬ情報が入ってくる。
方言も随分薄れてきた。
十代の若者の容姿も、変わらなくなってきた。
近い将来その格差はもっともっと縮まると思う。
それを承知している私の前に時々“田舎もん”が現れる。
今回も二人、現れてしまった。

甥っ子の彼女の家では、生まれた四匹の仔猫を、
飼いきれないと保健所にやってしまったそうだ。
すまなそうにしていても体裁を繕うような笑みを浮かべる彼女に、
私はとてもやりきれなくなってしまった。

私:「避妊はしないの?」
彼女:「う~ん、迷ってるんですよね~。」
私:「避妊、して。保健所に持っていくということは、“殺す”ということなんだよ。」
彼女:「はい・・・。」
私:「お願いだから避妊してね。」
彼女:「はあ・・・。」

私が言っている意味をほとんど理解していないようだった。
相方に言わせれば、まだまだそれが当たり前だそうで、
犬猫の口減らしは、まだまだまだまだ無くなりそうもない宮城県登米市。
その後、うちの猫の生い立ち、福島での動物レスキューの実態を話したが、
どこか遠い世界の話を聞いているような顔をしていた二人だった。
甥っ子の家でも、軒下にお腹の大きい野良犬が住み着いてしまい、
子犬が産まれた後“子犬を一匹”手元に残しあとは保健所にやってしまったことが、
随分昔に有る。
その後少しして、ペットショップで買ったハムスターが死んでしまい、
家族みんなで泣いたという話を聞いた時私は、
『あの母犬と子犬は可哀想じゃないんかいっ!保健所で殺してもらったあのこ等はどうでもええんかい!』
と激怒したものだった。
もう20年近く前の話だけれど、何も変わっていない宮城県登米市、そして石巻市。
福島へのレスキューが、ガソリン代、高速代、餌代まとめて週末1回いくだけで数万円が飛び、
それは全て寄付、いやほとんどが私財からなんだと言っても、
不思議そうな顔をしてたなあ~。
みんな必死であの命を、あの瞳を助けようとしてるんだけど、
それはほとんど伝わらなかったようだ。
残念だ。

どんなに街として発展しようとも、人間の都合で太古から人の良きパートナーになってきた彼らを、
平気で亡き者に出来る人たちを、私は“田舎もん”と呼ぶ。
多分これからもそんな人たちと出会ったら、心の中でつぶやくだろうな、
「この、田舎もんがっ。」
と。
[2011/10/23 00:07 ] | とろ仲日記 | コメント(6) | トラックバック(0)
今日で半年
早いもので、半年経ちます。
いや、被災した方々はこの半年、そうは思っていられないかもしれませんね。
未だに避難所の体育館やそれに準ずる施設にいらっしゃる方。
仮の住宅に落ち着かれた方。
故郷から遠く離れた処に、新天地を求めた方。
色々なケースが有りますが、皆一様に進まぬ復旧、復興に心を痛めていらっしゃると思います。
変わらぬ国のお粗末な対応。
与党を追い落とすことしか考えない野党。
責任を感じているのか!東京電力。

確かに直接被災した人数は何百万人でありますが、
西日本における東日本への電力供給、東北地方に存在する各企業の工場、関連会社が被災した事により、
部品などの供給が滞った為に起こった、製品の生産ストップ。
農産物、畜産物、漁業の出荷停止、及び出漁の禁止等々、
ほぼ全国民が少なからず何らかの被害を受けているのが、今回の震災であります。

早く目に見える対策を、そして対応をと、日本国民は切に願っております。
こういう時に軽はずみな閣僚の発言や、それに対する揚げ足取り、足の引っ張り合いは、
不愉快極まりない事であり、このような政治家が選ばれてしまった現実を嘆くばかりです。

特に福島第一原子力発電所の人災は、日が経つにつれ、その余りにもお粗末な防災意識等に、
怒りすら覚えます。
絶対大丈夫。安全である。の上に成り立っていたあらゆる想定。
自然に対し、穿った物の味方の結果がこれです。

おそらくこの先何十年、いえもしかしたら百年単位で居住は不可能となってしまったかの土地で、
残され辛うじて生きている犬や猫たち。そして逃げ出した家畜たち。
人だけがいなくなった街。
福島には今、そんな地域が存在しているんです。

千年余り昔、やはり同じ様な地震が有り、同じ様な大津波が有りました。
おそらく、福島第一原子力発電所の有る土地にも、当時同じ様な大津波が押し寄せたに違いありまりません。
この震災で亡くなれた方の9割が津波によるものだったという報告が上がりました。
実話津波が押し寄せた境界には沢山の神社が有り、ほとんどが無傷だったそうです。
先人は、子孫に津波の恐ろしさを知らせ、そして助かる方法の一つを残してくれていたように思えます。
しかしながら、残念な事に私たちはそれを生かせなかった。本当に残念です。
それどころか、人が立ち入れないような地域を作ってしまった。




去年の今頃、何してたかな?っとふと思う事があります。
多分みなそんな思いに駆られてるんじゃないかと思います。
でも、進むしかないのでしょうね。
後ろを振り返りながらも、少しずつでも進むしかないのでしょうね。

一陽来復

みんなにこの言葉が届きますように。後押ししてくれますように。
[2011/09/11 03:49 ] | とろ仲日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
明日はね、夏休みらしい一日になるかも(^m^)
今日は、一日だら~んとしてしまった。
朝、ごはんを食べてから、おみそをマイクロチップ装着に連れて行った後、
どこかに行こう、行きたいと思っていたんだけど、
1回家に帰ってきたら、もう一度あの暑さの中に出て行く気が失せてしまったさあ。
冷蔵庫は満足な品揃えであるから、どうしても出かける必要はないし、
散歩がてら、ショッピングセンターを歩くのが目的のお出かけ、
どうしてもな理由にならなくて、結局のんべだらりんとしちゃったよ。

明日ね、お出かけなんす。
東京巡りだよおっかさん。
初めて六本木ヒルズ行くだよ~。
築地の場外も歩くだよ~。
船からスカイツリー見て、羽田の新しい飛行場も行くっす。
こんなに欲張らなくてもいいんだけど、ツアーだからさ、うふふふっ♪
きっと都内は好いてるから移動は大丈夫だと思うんだけど、
要所要所は混んでるかな?
でも、初めていくところばかりだから、嬉しい~。
楽しく行ってきやっす!
[2011/08/13 17:24 ] | とろ仲日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。